TOP>ニュース > 【犬猫ギモン】犬と猫は仲良しになれる?

  • ニュース

【犬猫ギモン】犬と猫は仲良しになれる?

親友猫を亡くして落ち込んだわんこ、子猫を養子に迎えて立ち直る

アメリカのウィリアムズさん一家のお宅で、20歳の猫デクスターが亡くなりました。悲しいことではあるけれど、20歳といえば人間なら98歳!デクスターは寿命を全うして虹の橋を渡り、天国で穏やかに暮らしていることでしょう。しかし、問題はのこされた親友の犬フローラでした。

【動画】デクスターとフローラ

フローラは45キロのアラスカン・マラミュートの女の子。デクスターと過ごした期間はわずか2年と短いものでしたが、2匹は固い絆で結ばれていました。フローラは彼が亡くなってからというもののひどく落ち込み、家族はとても心配したそうです。そこで、ウィリアムズさんたちは新たに2匹の若い猫を引き取ることを決意しました。

しかし、残念なことに犬と猫の間にも「相性」が存在するようで、2匹の猫たちはフローラを完全拒否。フローラの心も晴れません。

ウィリアム家のジル夫人は諦めることなく、今度は4匹の子猫、イギー、グラマー、ボウイ、ロキシーを迎え入れました。4匹がおうちに慣れるまで、2日間はフローラと会わせないようにしたのですが、3日目にフローラは笑顔と元気を取り戻すことに。

子猫たちは45キロもの大型犬に動じることなく、まずは勇敢なイギーがフローラに“挑み”ます。「イギーはフローラのもとに近寄り、鼻と鼻を合わせてあいさつをしました。フローラは顔を低く落とし、イギーの顔にくっつけました。そして、フローラは笑顔を見せたんです」。

グラマーも新しい友達との出会いにはしゃぎます。「グラマーはフローラのわき腹からよじ登り、耳と目をクンクン。フローラはじっとされるがままで、まぶしそうな笑顔でうれしそうでした。子猫たちとフローラの初対面はすごくキュートでしたよ」。

ジル夫人は「フローラは猫と話ができるんじゃないかって思うんです」と語っています。相性抜群の子猫たちとフローラですが、ウィリアム家では子猫の一時預かりを行っており、4匹がもう少し大きくなれば新しい飼い主さんのもとへと旅立つことになるそうです。

これからも子猫を引き取り、よそのおうちへの引っ越しが決まるまでフローラと育てていきたいと意欲満々のジル夫人。子猫を育てる使命に燃えるフローラが「落ち込むことはもうないだろう」と自信を見せています。

【動画】フローラと子猫たち

参考資料:Depressed, 100-Lb. Dog Who Lost Her Cat Best Friend Happily Adopts Four Foster Kittens/People

文/賀来 比呂美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)

ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (12.15)

  • ニュース

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • ニュース

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • ニュース

虐待を受けたワンコが出会った小さな親友 (12.14)

  • ニュース

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』 (12.14)

  • ニュース

人間が犬を繁殖した証拠、最古はシベリアか? (12.14)

  • ニュース

あなたの飼い犬の性格は?星座別ワンコの性格診断 (12.13)

  • ニュース

育つ環境で寿命が変わる?地域別ペットの健康度ランキング (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る