TOP>ニュース > 「健康診断」を受けさせているペットオーナーは2割以下という事実

  • ニュース

「健康診断」を受けさせているペットオーナーは2割以下という事実

ペットの予防医療の啓発・普及活動を展開する獣医師団体Team HOPE(チームホープ)では、犬や猫のペットを病気で亡くした経験を持つ男女500名を対象に、「ペットの健康管理に関する実態調査」を実施した。少子化の進む日本では、現在、15歳未満の子どもの数よりもペット(犬猫)の数が多くなっている。※1

同時に医療の発達等で、ペットの平均寿命はここ30年で約2倍にも延びており※2、今やペットは家族の一員として、長い時間を共に過ごす大切な存在になっている。一方で、言葉が通じず、コミュニケーションが難しいペットの健康管理は、ペット オーナーにとって難しい課題となっており、獣医師による定期的な健康診断の重要性が高まっている。

こうした社会的背景を受け、Team HOPEでは10月13日(じゅういさん)を「ペットの健康診断の日」として登録し※3、ペットの健康診断やウェルネスチェック※4の啓発活動を展開している。

※1 一般社団法人ペットフード協会、平成28年全国犬猫飼育実態調査、総務省統計局統計
※2 一般社団法人ペットフード協会、平成28年全国犬猫飼育実態調査、東京農工大と日本小動物獣医師会の調査による
※3 一般社団法人日本記念日協会の認定登録
※4 Team HOPEが推進するペットの健康管理の取り組み。まずペットオーナーが自宅でペットの状態をシートに記入し、次に動物病院で獣医師と一緒にチェックする。

<調査結果>

●ペットオーナーによる健康管理は自己完結型の傾向。異変が出た後も通院せず様子を見た方が22.1%
●犬、猫とも病状は急変傾向!兆候が現れてから亡くなるまで半年未満が56.2%と過半数。病気の早期発見には、半年に1回の健康診断も重要に
●ペットが亡くなった後に健康管理を後悔している方は6割以上!兆候が現れてから亡くなるまでの期間が短いほど、通院の遅れを後悔する方が多い
●ペットロスが半年以上続いた方は62.7%。さらに12.8%は2年以上立ち直れないという結果も
●健康診断を受けさせているペットオーナーは2割以下。健康診断を受診した方では約7割が兆候などを発見
●近年ペットとして人気が高い猫の通院理由は、74.0%が「病気や怪我の時」。犬に比べて定期的に病院に連れて行ってもらえない現状が明らかに

今回の調査によって、主に次のことが明らかになった。

●ペットオーナーによる健康管理は自己完結型の傾向。異変が出た後も通院せず様子を見た方が22.1%

・「あなたは、ペットの健康について気にかけていたと思いますか」と尋ねたところ、「気にかけていたと思う(とても気にかけていたと思う+やや気にかけていたと思う)」が86.4%(犬85.6%、猫87.2%)と回答。

・兆候がみられたと回答した411人に、「ペットが亡くなる前、その兆候に気づかれ、その後どう対応しましたか」と尋ねたところ、「ペットオーナー自身で気づき、通院した」が70.3%(犬70.1%、猫70.6%)で最多。

次いで「ペットオーナー自身で気づき、しばらく様子をみた」が22.1%(犬21.3%、猫22.9%)と治療の遅れに 繋がる回答も5人に1人以上いた。

●犬、猫とも病状は急変傾向!兆候が現れてから亡くなるまで半年未満が56.2%と過半数。病気の早期発見には、半年に1回の健康診断も重要に

・兆候がみられたと回答した411人に、「実際に兆候がみられてからどのくらいで亡くなりましたか」と尋ねたところ、「半年未満」と回答した方が56.2%(犬50.8%、猫61.2%)と最も多く、「半年~1年未満」25.8%(犬27.9%、猫23.8%)を加えると、全体の82.0%。

8割以上のペットが、兆候がみられてから1年未満という短期間で命を落としていることがわかった。犬、猫の病気の進行は一般的に人間と比べ早いため、半年に1回は獣医師による健康診断が重要と言える。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。 (11.23)

  • ニュース

ペットと一緒に永眠、ニューヨークで条例が制定 (11.23)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • ニュース

【いぬのはてな】攻撃的な犬は、あるホルモンのレベルが高い? (11.22)

  • ニュース

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』 (11.22)

  • ニュース

“偽”のサービスドッグに「認知症患者」のためのサービスドッグ (11.22)

  • ニュース

子供とペットの関係について考える (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る