TOP>ニュース > ペットが亡くなった時、「会社を休んだ人」は約10%

  • ニュース

ペットが亡くなった時、「会社を休んだ人」は約10%

アイペット損害保険はペットを亡くした経験を持っていて、現在はペットと一緒に暮らしていない人を対象に「ペットロスに関する調査」を実施した。

調査結果
◎ペットロスという言葉を聞いたことがあると回答したのは80.0%
◎ペットロスの症状として、最も多かったのは「突然悲しくなり、涙が止まらなくなった」が60.3%
◎ペットロスの症状が落ち着くまでの期間は「3ヶ月未満」という回答が51.0%
◎ペットを亡くした際、仕事を休んだ人は9.9%
◎ペットロスの症状が現れた人のうち、53.3%がペットロスに陥っていることを自覚していなかった
◎ペットを亡くした悲しみを癒すきっかけは、「時間の経過を待つ以外ない」という回答が60.7%
◎ペットと一緒に暮らしていない理由は「死別などつらい思いをしたくないから」が40.7%
◎「機会があれば、またペットと一緒に暮らしたい」と思っている人は57.7%
※本記事でのペットロスは、ペットを亡くしてから体調や気持ちの面で現れた何らかの不調を指す

調査結果1. ペットロスという言葉を聞いたことがあると回答したのは80.0%

「ペットロス」の認知度について調査をしたところ、「ペットロスという言葉聞いたことがありますか?」という質問に対し、「聞いたことがある」が最も多く、「聞いたことがあり、意味も知っている」まで含めると80.0%となった。ペットと暮らしたことのある人にとってペットロスという言葉は、身近であると言えるだろう。

調査結果2.ペットロスの症状として、最も多かったのは「突然悲しくなり、涙が止まらなくなった」が60.3%

ペットを亡くした際に何かしらの不調を感じた人の中で、最も多かった症状は「突然悲しくなり、涙が止まらなくなった」という回答が60.3%で最多となった。次いで「疲労感、虚脱感、無気力、めまい」という回答が32.6%を占めている。他にも、「食欲不振、過食」「眠れない」「幻覚、幻聴、妄想」といった症状が現れたという回答も。


※対象:ペットを亡くした際、自分自身がペットロスに陥った人

調査結果3.ペットロスの症状が落ち着くまでの期間は「3ヶ月未満」という回答が51.0%

ペットロスの症状がどれくらいの期間続いたか、という質問では、「3ヶ月未満」という回答が51.0%を占めている。しかし、中には「外に出られなくなる」という深刻な症状が半年以上続いたケースも見られた。


※対象:ペットを亡くした際、自分自身がペットロスに陥った人

調査結果4.ペットを亡くした際、仕事を休んだ人は9.9%

ペットを亡くしたときに仕事を休んだかどうかを調査した結果、「休んだ」という回答が9.9%となった。特にわが子同然のように可愛がっていた人は休みをとる割合が高く、23.5%の方が仕事をお休みされているという結果が出た。


※対象:当時「働いていなかった」と回答した人を除く

調査結果5.ペットロスの症状が現れた人のうち、53.3%がペットロスに陥っていることを自覚していなかった

ペットロスの症状が現れた人のうち、53.3%がペットロスに陥っていることを自覚していなかったことが判明。ペットロスという言葉が一般的に普及してきているにもかかわらず、半数以上が無自覚であることがわかった。


※対象:ペットを亡くした際、自分自身がペットロスに陥った人

調査結果6.ペットを亡くした悲しみを癒すきっかけは、「時間の経過を待つ以外ない」という回答が60.7%

ペットが亡くなったとき、その悲しみを癒すためには「時間の経過を待つ以外ない」よう。中には時間が経っても、癒えない悲しみに苦しんでいる人も。しかし、お墓参りや遺品の整理をすることで、気持ちの整理ができるという意見もあった。

調査結果7.ペットと一緒に暮らしていない理由は「死別などつらい思いをしたくないから」が40.7%

現在、ペットと一緒に暮らしていない理由として最も多かったのは、死別などのような「つらい思いをしたくないから」が最多で40.7%となりました。次いで「住居の制約があるから」という回答が37.6%、一人暮らしだったり小さな子どもがいたりで「お世話をする自信がないから」という回答が35.0%となった。

調査結果8.「機会があれば、またペットと一緒に暮らしたい」と思っている人は57.7%

死別などつらい思いをしたくないから、ペットと一緒に暮らしたくない人が13.8%いる一方で、「機会があれば、またペットと一緒に暮らしたい」と考えている人が57.7%いることがわかった。

ペットとのお別れはとても悲しく、つらいものですが、一緒に過ごせる時間はかけがえのないもの。あまりの悲しさに「二度と飼わない」と考える人も、「また一緒に暮らしたい」と考える人も、きっと大切なペットと、とても素敵な時間を過ごされていたのでは?

【調査概要】
調査対象:かつて犬・猫と暮らしていて、犬・猫を亡くした経験がある人(30歳~59歳)
調査人数:男女894名
調査期間:2017年8月8日
調査方法:インターネットによるアンケートを実施

◆アイペット損害保険HP:http://www.ipet-ins.com/

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

動物も助けて!動物にも緊急医療措置を施すことを許可する法案可決 (11.19)

  • ニュース

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • ニュース

9年前に行方不明になった愛犬が戻ってきた! (11.18)

  • ニュース

犬は何年生きられる?犬の寿命とサイズとの関係について (11.18)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

  • ニュース

DV被害から避難する場合、ペットも一緒に避難できるのか? (11.17)

  • ニュース

犬ゲノムを調べてわかった驚くべき犬種の親戚関係 (11.16)

  • ニュース

ペットの健康と防災を考えるセミナー「blue college」が開催! (11.16)

もっと見る

注目のグッズ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る