TOP>ニュース > 愛犬と乗るクルマ ボディタイプ別メリット・デメリット

  • ニュース

愛犬と乗るクルマ ボディタイプ別メリット・デメリット

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅


ホンダ・シャトル

“わんこと行くクルマ旅”にとってふさわしいクルマとは?そんな疑問に答えるクルマのボディタイプ別メリット・デメリットを紹介します。

●セダン/ハッチバッグ


トヨタ・カムリ(HV)


ホンダ・グレイスHV


トヨタ・プリウス

メリット
1. 一般的に車高が低く低重心で足回りを固める必要がなく、乗り心地面に優れる
2. ミニバンやSUVにくらべ空気抵抗に優れ、高速走行中の風切り音が小さく、静か
3. 後席のシート位置が低く、愛犬を乗り降りさせやすい


スバル・インプレッサ


スバルXV

デメリット
1. 愛犬を乗せる場所が後席に限られる
2. 一般的なセダンはシートアレンジ性が制限され、人、荷物、犬の乗車フォーメーションの自由度がない


ハッチバックのインプレッサなどなら多彩なシートアレンジ可能


ミニクラブマン

セダン/ハッチバック選びのポイント:愛犬は後席のみの乗車なので、後席の座面が比較的フラットで、後席エアコン吹き出し口、リヤサイドウインドーにサンシェードがあるクルマが理想。後席を片側または両側倒したときにフロアがフラットになれば、より自由な乗車フォーメーションが可能


犬に優しい後席エアコン吹き出し口

●ステーションワゴン


マツダ・アテンザ

メリット
1. セダン同様、一般的に車高が低く低重心で足回りを固める必要がなく、乗り心地面に優れる
2. セダン同様、ミニバンやSUVにくらべ空気抵抗に優れ、高速走行中の風切り音が小さく、静か


VWパサートヴァリアント


アウディA4アバント

3. セダン同様、後席のシート位置が低く、愛犬を乗り降りさせやすい
4. 愛犬を乗せる場所は後席、ラゲッジ、後席を格納した拡大ラゲッジの3カ所あり、人、荷物、犬の乗車フォーメーションの自由度がある


アウディA4アバント


ボルボV90

5. 世界のステーションワゴンのラゲッジフロア地上高の平均値は約620mm。開口部に段差のない車種も多く、犬の乗車性に優れる
6. 車種によって居住スペースとラゲッジを仕切るパーテーションネットが備わり、居住スペースへの愛犬の飛び出しが防止できる
7. 車種によってラゲッジフロアボードをA字に立てられ、居住スペース後方に荷物と分けられた愛犬専用スペースが確保できる(VWゴルフ7ヴァリアント)
8. セダン同等のフォーマル感、高級感があり、ペットと泊まれる高級リゾートホテルのエントランスにも似合う


ボルボV90@レジーナリゾート蓼科

ステーションワゴン選びのポイント:居住スペースとラゲッジを仕切るパーテーションネット、後席エアコン吹き出し口、リヤサイドウインドーにサンシェードがあるクルマが理想


BMW5シリーズツーリングはガラスハッチ付き


後席エアコン吹き出し口


ボルボV90はBピラーにもエアコン吹き出し口が


サンシェード付きの BMW5シリーズツーリング

デメリット
1.4~5人乗車時、大きな荷物があると、ラゲッジに荷物と犬が同居しなければならない
●SUV


三菱アウトランダーPHEV(旧タイプ)

メリット
1. 最低地上高に余裕があり、4WDなら天候、路面を問わないオールロード性能を発揮し、犬が大好きな白銀の世界、悪路の先にある場所へも安心して行ける
2. 車高が高いため、走行中、犬も外の景色を楽しみやすい


トヨタC-HR


高級リゾートホテルにも似合うボルボXC90

3. ステーションワゴン同様、愛犬を乗せる場所は後席、ラゲッジ、後席を格納した拡大ラゲッジの3カ所あり、人、荷物、犬の乗車フォーメーションの自由度がある


トヨタC-HRの後席片側を倒して愛犬スペースに


トヨタC-HRはラゲッジに大型犬と小型犬が乗れる

4. クリーンディーゼル車の選択肢が広く、長距離ドライブでの経済性に優れる(最新のクリーンディーゼル車は想定外に静かに走ります)

デメリット
1. 車高、フロアが高いため、後席(シート地上高はセダン、ステーションワゴンの550~600mm に対して、650~770mm)、ラゲッジに愛犬を乗せるのが大変なケースも(ステーションワゴンの平均値620mmに対して、650~800mm)。
2. 車高が高いため、カーブなどで姿勢変化が少なくない車種もある(G-ベクタリングコントロールを備えたマツダCX-5、CX-3のように安定した走りが可能な車種を選ぶとよい)


マツダCX-5


CX-5はG-ベクタリングコントロールで山道も安定。マリアのネックレスの揺れ最小限

3. SUVはセダンやステーションワゴンにくらべ車重が重く、悪路走破性に優れた4WDだと燃費性能でやや劣る

SUV選びのポイント:愛犬を乗せてドライブする機会が多いなら、できるだけフロアが低く、介助して乗せる場合も楽な車種を選びたい。また、HV、PHEVタイプを選べば、より静かでスムーズな犬にも優しい走行が可能

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・中編【わんこと行くクルマ旅】 (9.23)

  • ニュース

当たってる…?星座別ワンコの性格診断 (9.23)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (9.23)

  • ニュース

遠く離れた猫とも遊べる♪ 遠赤外線接続型ねこじゃらじ「パウボキャッチ」 (9.22)

  • ニュース

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」 (9.22)

  • ニュース

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • ニュース

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと (9.21)

  • ニュース

本作を観る前にチェック!映画『僕のワンダフルライフ』のフィーチャレット映像を公開 (9.21)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る