TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(9)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(9)

第十一章『マリアの十戒(9)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

9.私が年を取っても、私の世話をしてほしい。あなたもまた同じように年を取っていくのだから。

マリアがこの家に来て10年近く。もうすぐ推定12歳になる。犬の寿命から言えば犬生を折り返したところ。人間の年齢でいうと80歳以上・・・まだまだ健康で元気に暮らしている。

けれど、人間より速いスピードで年を取っていく。やがてマリアも老犬になる。マリアは劣悪な繁殖場で生まれ、繁殖犬として2歳すぎまで食事も満足に与えてもらえないまま子供を産まされていたので、何か大きな病気にかかってしまうリスクが大きいかもしれない。「マリアは同じぐらいの子より寿命が短いかもしれない」と、パパやママはマリアに気づかれないように心配してくれているんだ。

だから毎日を健康で楽しく暮らせるようマリアの健康状態には気を使ってくれる。ストレスをためないように散歩や食事、マリアの生活環境、そしてスキンシップを怠らない。

パパとママは先代のゴールデンレトリバーのナナ先輩を10歳8か月で亡くしている。大型犬でももう少し長生きできたはずなのに・・・まさかこんなにも早く、突然別れが来るなんて思ってもみなかったそうだ。


ナナが9歳のころの寝顔。ナナは1994年7月2日、横浜で家庭犬として生まれたゴールデンレトリーバーの女の子。彼女を家族の一員にしていなければ、ドッグライフプロデューサーとしての今のボクはないと思う。ありがとう、ナナ。

ナナ先輩は晩年糖尿病にかかり、その原因が子宮にあると診断され、血糖値が高いにもかかわらず避妊手術をすすめられ、受けたんだ。翌日、退院した夜に体調が急変して、翌朝ママが1階に降りるとかすかに呼吸をしたナナ先輩が、大好きな場所だったダイニングの床に倒れていたそうだ。

早朝だったけれど、犬友達に電話して獣医師の携帯番号を教えてもらい連絡すると、すぐ連れて来てくださいと言われ、家族全員で病院に向かった。友人親子も駆けつけてくれた。けれども、必死の手当てのかいもなく、13時間後、ナナ先輩の心音は止まった。

ナナ先輩は大好きな家族や友人に見守られて天国に旅立った。10歳と8カ月。決して長くはない犬生だったけれど、ナナ先輩は幸せだったと思う。長生きできればそれが一番だけど、寿命ではなく、どう生きたかが犬には大切なことだと、苦労を経験したマリアは信じてる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

『ステップワゴンHV』で行く伊豆高原「ウブドの森」前編【わんこと行くクルマ旅】 (1.23)

  • ニュース

あなたの愛犬はどんな体勢で寝てる?寝相でわかる犬の性格診断 (1.23)

  • ニュース

犬は何年生きられる?犬の寿命とサイズとの関係について (1.22)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 蕎麦処『蕎仙』 (1.22)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (1.22)

  • ニュース

ケーキ。【まう助日記】 (1.21)

  • ニュース

妊娠中および幼少期の犬飼育と、子どものアレルギーとの関係 (1.21)

  • ニュース

悲しい顔をする犬【一日パンダ】 (1.21)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る