TOP>ニュース > 【今月のドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ノア HV Si

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ノア HV Si

今月のドッグフレンドリー・カー トヨタ・ノア HV Si

2014年1月のデビューから約3年半。トヨタ・ヴォクシー&ノアがビッグチェンジを行いました。ヴォクシー&ノアと言えば、5ナンバーサイズを基本とする(エアログレードは3ナンバー)、日本の道にジャストサイズな中型ボックスミニバンであると同時に、極めてドッグフレンドリーなミニバンとして知られています。

今回、自称自動車評論犬!?の“旅するラブラドールレトリーバー”のマリアがいち早く試乗したのは、ノアHVのエアロ仕様、Siグレードです。顔つきは一段と迫力&押し出し感あるものになり、インテリアもブラック基調のピアノブラック加飾を取り入れたより高級感あるものにグレードアップ。

最大のトピックスは先進安全運転支援機能の自動ブレーキを含む「トヨタセーフティセンスC」が採用されたこと。トヨタセーフティセンスでもPではなくベーシックなCなので、ACC=全車速域追従型アダプティブクルーズコントロールなどは装備されませんが、それでも安全性能が高まったことは間違いありません。

では、ノアHVのドッグフレンドリーポイントはどこにあるのでしょうか?

まずはパッケージング。両側スライドドアを備えるヴォクシー&ノアは薄型燃料タンクによってフロアの低さはピカイチ。スライドドア部分のワンステップフロアは前端で36cm、後端でも40cmとごく低く、フロアへの段差がないため、マリアのようなシリア犬でも楽々、乗り降りすることができます。

犬の乗降性に関しては、ラゲッジ側からもOK。何しろ開口部から段差のないラゲッジフロアの地上高は50cm。ライバルはもちろん、世界のステーションワゴンのラゲッジフロア地上高平均値約62cmより低いのです。

このクラスのミニバンのドッグフレンドリーポイントのひとつが、2/3列目席用のエアコン吹き出し口を備えていること。つまり、どこに乗っても夏、エアコンの冷風が届くのです。

さらにヴォクシー&ノアは犬の乗せ場所も自由自在。人気の7人乗り、2列目キャプテンシート車を例にあげると、一般的な2列目キャプテンシートは前後スライドのみで左右席が離れているため、マリアのような大型犬が乗車することは不可能。

しかしヴォクシー&ノアはひとつのアーム操作で横方向にもスライドでき、左右席をくっつけることが可能で、総幅108cmのセミベンチシートにアレンジ可能。だから大型犬のマリアでもゆったり乗車できるのです(8人乗り2列目ベンチシートの総幅は135cm)。

そして総幅119cmの3列目席は当然として、ヴォクシー&ノアでは2列目席を中寄せし810mmもの前後スライドを使った2列目席足元フロア(最大奥行き140cm、幅82cm!!)、さらに3列目席を左右ハネ上げ式格納した状態のラゲッジスペースに、クレートを設置するなどしての乗車もOK。人、荷物、犬の数によっていかにようにもアレンジできるわけです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小型犬と大型犬、飼う時の違いってあるの?【いぬのはてな】 (2.21)

  • ニュース

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • ニュース

世界で活躍する「スポーティング・グループ」に属する犬たち (2.21)

  • ニュース

日本人と犬の歴史はいつから始まったの?【いぬのはてな】 (2.20)

  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る