TOP>ニュース > 犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

  • ニュース

犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

犬の肥満率:犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

皆さんの愛犬はスリム体型? それともぽっちゃり型?

ここ最近、筆者は犬の肥満に関する話題をいくつか目にしたのだが、下の動画はその1つ(注:音楽あり)。アメリカのノースカロライナ州にあるSPCA OF WAKE COUNTYがインターネットの動画サイトに投稿したもので、極度に肥満した犬の姿が映し出されている。

Ray Rayという名のこの犬(8歳)は、子犬の頃にアニマルシェルターから里親に引き取られたものの、今年になってからのこと、前脚で体を持ち上げるのがやっとで、後ろ脚は立たず、太り過ぎた体を引きずっているところを保護されたらしい。肥満によって関節には痛みが出ており、咳もある上に、爪も伸び放題ということで、治療をするとともにダイエットにトライしているそうだ。

飼い主だったと思われる人とは連絡がとれないようで、関係者からは、いずれにしても「告訴したいくらいだ」という言葉が出ている(*1)。

そして、もう1つはスコットランドのSPCAに保護された犬の話(http://www.bbc.com/news/uk-scotland-south-scotland-39882287)。コーギーのミックス犬であるTykoは、マックス時、体重が49kgもあったという。BBC NEWSが報じたところによると、飼い主は告訴され、Tykoの所有権を奪われたとか。現在は12kgまで体重を落とせたとのことだが、4倍近い体重を支えるのはさぞかしきつかったろうに…(*2)。

以前、筆者はこういう状況に近い犬と出会ったことがある。飼い主さんはその犬をとても可愛がっているようだったが、可愛がり方の1つがおやつをあげるということだった。それも脂肪分たっぷりのジャーキーで、一口がやたら大きい。飼い主さんとの会話の中で、話が体重におよんだことから、「少し痩せさせないと、関節とか傷めるかもしれませんよ」とそれとなく伝えてみたのだが…。

数ヶ月後、その犬と再会した時には、カートに乗せられていた。「どうかしたのか?」と聞くと、「関節を悪くして歩けなくなった」という飼い主さんの返事。当の犬は呼吸も荒い。おやつの量を減らすように動物病院で言われたと言いつつ、話しながらもやはりおやつを与え続ける飼い主さんに、頭を抱えた筆者なのであった…。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の肉球ケアに最適♪ わんのはな『ミツロウクリーム』 (11.25)

  • ニュース

飼い主の不安やストレスは犬に影響を与える (11.24)

  • ニュース

大規模な山火事で残されたワンコと奇跡の再会。 (11.24)

  • ニュース

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート (11.24)

  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。 (11.23)

  • ニュース

ペットと一緒に永眠、ニューヨークで条例が制定 (11.23)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬の肉球ケアに最適♪ わんのはな『ミツロウクリーム』

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る