TOP>ニュース > レストランのテラス席は犬同伴OK?それとも禁止?

  • ニュース

レストランのテラス席は犬同伴OK?それとも禁止?

レストランの外部エリアを犬同伴OKにするか、条例で決定?(アメリカ/ミシガン州)

国内において、犬と一緒に同じ部屋で宿泊できる宿が登場したのは30年ほど前のこと。「愛犬と一緒に旅行に行きたい、食事をしたい」など“共に楽しみたい”といった飼い主の意識が高まるにつれ、その要望に応える形でドッグカフェをはじめとした犬OKの場所も増えてきた。

以前は、筆者も愛犬と一緒に旅行に行ったのはいいものの、一緒に食事できる場所がなく、ハンバーガーを買って車の中で食べた経験がある。それはそれで楽しいし、愛犬が一緒であるなら満足なのだが、「一緒に入れるお店があってもいいよなぁ」と思ったことは確かだ。

おそらく、犬OKのお店・宿・施設があると助かるのは、地元の人というよりも、観光客や、その町・場所に出向いた人であることのほうが多いのではないだろうか。実際、観光地には犬OKの場所が集中している。

アメリカのミシガン州も周囲を五大湖に囲まれ、観光客の多い地域である。そのミシガン州において、5月末のこと、レストランのパティオやテラス席のような外部エリア部分について、犬の同伴をOKにするか、禁止とするか、地方ごとに条例をつくることができるというような内容の法案が32:6で上院にて可決されたというニュースが流れた(*1, 2)。

この法案には、「犬には常時18歳以上の人が付き添っていなければならない」「外部食事エリアに入る際、犬が建物の内部を通らないよう、入り口が設けられていなければならない」「犬はリードにつなぐこと」「犬に触ったり、犬の汚れ物を掃除したりした人は、手を洗うまで食品を提供してはならない」などが含まれている(*3)。

そもそも、こうしたことを条例で決めるというのはどうなのだろうか?

賛成派には、ドッグランや犬専用の水飲み場はあっても、犬連れの旅行者が十分に安心して土地の自慢の食事やお酒を楽しむことができないというのは、観光事業における欠陥でもあるという意見があるのに対し、食事をする場所に犬がいるというのは苦痛だとする反対派もいるようだ。

ペットに限らず、いろいろな考え方や好みがあるのが人間。犬連れか、もしくは犬好きしか訪れないだろうドッグカフェのようなところならいざ知らず、様々な人が利用する一般的な場所では“共生”できるのが理想ではあるが、そのためには互いに少しずつ譲り合わないとならないだろう。犬好きの人だけの世の中でもないし、犬が苦手な人が中心の世の中でもないのだから。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

大規模な山火事で残されたワンコと奇跡の再会。 (11.24)

  • ニュース

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート (11.24)

  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。 (11.23)

  • ニュース

ペットと一緒に永眠、ニューヨークで条例が制定 (11.23)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • ニュース

【いぬのはてな】攻撃的な犬は、あるホルモンのレベルが高い? (11.22)

  • ニュース

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』 (11.22)

もっと見る

注目のグッズ

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る