TOP>ニュース > 愛犬が「ヒアリ」に刺された時の応急処置

  • ニュース

愛犬が「ヒアリ」に刺された時の応急処置

今、世間を騒がせているヒアリ。5月下旬に兵庫県で発見されたのを始め、これまで東京、愛知、大阪などで発見されており、環境省は国内での定着を懸念している。

女王蟻の死骸も発見されているということは、日本国内で繁殖活動している可能性も否定できない、という専門家もいる中、「これから愛犬と散歩する時、もしもヒアリを見つけたらどうしたらよいのだろう」と不安に思う飼い主も多いだろう。万が一、愛犬がヒアリに刺されてしまった場合、どのような対処すればよいのだろうか。

「ヒアリ」とは


画像:環境省

極めて高い毒性を持つヒアリ。その見た目の特徴としては「全体は赤茶色で、腹部は黒っぽい赤色をしている」とのことだ。別名はアカヒアリといい、英語ではfire ant(学名:Solenopsis invicta)、漢字で書くと文字通り“火蟻”である。刺されると痒みや痛みとともに、火が付いたように熱くなるのでこう呼ぶそうだ。もともとは南米中部が原産であるが、現在はアメリカ、オーストラリア、台湾など環太平洋諸国に拡がっている。

原産:南米中部だが、環太平洋諸国に生息
体長:2.5mm~6mm お尻に毒針を持つ
体色:全体が赤茶色、腹部が濃く黒っぽい赤色
巣: 直径25~60cm、高さ15~50cm 土でドーム型の蟻塚を作る。

ヒアリの大きさは2.5mm~6mmとバラツキがあるため、大きさだけでは判断ができない。環境省外来生物対策室が2017年7月に発表した「ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)」によると、ヒアリかどうかの正確な判断をするには、専門家が顕微鏡を使って観察する必要があるが、我々一般人も肉眼でおおよその検討をつけることができるという。その特徴とは、

ヒアリ

1 赤っぽくツヤツヤしている。腹部の色は暗め。
2 働きアリの大きさが2.5mm~6.5mmと連続的な変異がある。
3 行列を作り餌に集まる。

ヒアリでないもの

1 黒いアリ(ただし海外には黒いヒアリ類もいる)
2 2.5mm以下の小さいアリ
3 赤っぽいアリでも大きさに連続的変異のないもの
出展:環境省外来生物対策室が2017年7月に発表した「ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)」より

人がヒアリに刺された際の症状は?

ヒアリは小型のアリではあるが、刺されると火傷のような激しい痛みがあるという。また毒性が強く、ヒアリの持つ毒針で刺されてしまうとアレルギー反応によっては死に至ることもある。反応は人によって大きく異なるため、刺された場合は20~30分は安静にし、体調の変化があれば速やかに病院へ行く必要がある。人が刺された場合の程度別に症状を比較すると、

軽度…「刺された瞬間に“熱い”と感じる激しい痛みが走る。そして痒みが出はじめ、10時間ほど経過すると膿が出てくる。
中度…刺されてから数分~数十分で刺された箇所を中心に腫れが拡がり、部分的、あるいは全身に痒みを伴う発疹が現れることもある。
重度…刺されてから数分~数十分で「息苦しさ」「声の枯れ」「激しい動機・めまい」というようなアレルギー反応「アナフィラキシー」が現れ、処置が遅れると命にかかわることもある。
参考:環境省ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小型犬と大型犬、飼う時の違いってあるの?【いぬのはてな】 (2.21)

  • ニュース

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • ニュース

世界で活躍する「スポーティング・グループ」に属する犬たち (2.21)

  • ニュース

日本人と犬の歴史はいつから始まったの?【いぬのはてな】 (2.20)

  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る