TOP>ニュース > 動物検知機能を搭載した見守りカメラが登場!

  • ニュース

動物検知機能を搭載した見守りカメラが登場!

気象庁の長期予報によると、2017年の夏(7月から9月)は全国的に平年より気温が高くなる見込みだそうだ。そうなると、気をつけたいのは熱中症。ただ、この熱中症は人間より犬猫の方がかかりやすいということをご存知だろうか。

ペットの熱中症予防に見守りカメラ『Welcome』はいかが?

夏といえばアウトドアシーズンでもあるが、出かけた先で「留守番をさせている間にペットが熱中症になってしまったらどうしよう…」と懸念があると楽しむものも楽しめない。そこで、このような不安を解消してくれるホームカメラが登場したので紹介しよう。

フランスのスマートホーム機器関連メーカーNetatmo(ネタトモ)社は、顔認識システム付ホームカメラ「Netatmo Welcome(ネタトモ ウェルカム)」にペットの見守りなどに利用できる「動物検知」機能を追加すると発表。7月上旬に行われる専用アプリ専用アプリ「Netatmo Security(ネタトモ セキュリティ)」の無償アップデートにより実装するとのこと。

カメラ本体は家電量販店などですでに販売されており、税込価格は2万9800円。そして同社はこの機能に関する発表会を池袋にある猫カフェ「猫カフェMoCHAラウンジ 池袋東口店」で開催した。

今回のアップデートについて、ネタトモ社最高執行責任者のマシュー・ブロードウェイ氏は「セキュリティカメラはペットの動向を見守ることに使用されているケースが多いです。2016年時点で日本のペットの数は2000万匹近くいますが、80%以上が何らかの形で“お留守番”をしている状況にあります。

その行為に後ろめたさを感じたり、ペットの心配をしている方が多いのが現状です。そこで何かできることはないかと思い、今回の機能を追加しました」と新機能導入の背景をコメントした。

またプレゼン中、商品紹介のプロモーションビデオが映し出されると、猫がよってきてスクリーンに飛びかかるという一幕も。これを受けマシュー氏は「この子もWelcomeに興味津々のようです」と話し笑いを誘った。自由過ぎる猫達を見ていると、確かにホームカメラは必要だと思わずにはいられない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • ニュース

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • ニュース

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る