TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(7)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(7)

第十一章『マリアの十戒(7)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

7.私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいてほしい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるけれど、あなたを傷つけないと心に決めていることを。

人をかむ犬は保健所に持ち込まれると、約1週間の保管期間を待たずに処分されると聞いたことがある。ボランティアさんのブログでそんな悲しい犬生をたどる犬の写真を見たことがある。

その犬の目を見たとき、マリアはなんだかとっても悲しくなった。その犬は何のために生まれてきたんだろう。殺されるために生まれてきんじゃない。その子の犬生にいったい何があったんだろう・・・と心が痛んだ。今度、生まれてくるときは絶対に幸せになってほしい、そう、願わずにはいられなかった。

犬は飼い主次第で名犬にもダメ犬にもなる。気が弱いマリアだって、もし、ひどい飼い主に飼われ、日常的に暴力を振るわれたとしたら、身を守るため飼い主に歯をむくことだってあるかもしれない。


今は歯のお手入れ中ですが、しっかり牙が見えますね。これでガブリとやられたらたまりません。でも、マリアは手でおやつなどをあげるとき、やさしくかぷり・・・としてくれるから安心です。

マリアのママは今から20年ほど前、先代ゴールデンレトリーバーのナナ先輩と犬のしつけ教室に通っていた。当時は犬を力で押さえつけ、しかって服従させる訓練がまかり通る時代だったらしい。

ママは大型犬のナナ先輩が散歩のときに前へ前へと引っ張らず、楽しくシッポを振って優雅に散歩できれば・・・・そんな思いから犬のしつけ教室に通った。同時期にお友達のゴールデンレトリーバー2頭も通い始めたけれど、2頭ともすぐに来なくなった。訓練は飼い主も犬も疲れるし、愛犬をしかることに抵抗ある飼い主だから続かなかったんだ。

ママはそんな訓練でも犬のしつけ教室に2年以上通い続けた。優等生だったナナ先輩は通い出して4か月目に犬のしつけのモデル犬になりテレビや雑誌に出演し、2年近くたったころには教室の初級クラスの犬たちにしつけを教える立場になったんだって。教室を卒業してからはボランティアのアニマルセラピー犬として病院や老人ホームを訪問し、癒やしを与え、自身が犬としてできることをしていたんだ。そして8歳になって引退。10歳8カ月でその犬生を終えるまで、1頭の犬として、まさに立派に、人の役に立った犬生だったって、パパやママから耳にタコができるほど聞いている。


ナナ先輩とパパのラブラブな2ショット。ホテルのプールサイドにて。ナナ先輩って、女の子なのにパパよりしっかりした体格してたんだ~。

そんな経験から、ママはマリアにもしっかりと訓練を入れてくれた。マリアはナナ先輩と違っていろいろなトラウマ(心的外傷)を持ってるから、訓練中は決してしかられず、たたかれたこともなく、言われたことができたら大げさなくらい褒めてくれて、短い時間だけど毎日のように続けてくれた。マリアに限らず犬は褒められることが大好きだよ。褒められればうれしくてどんどん成長していく。何度も言うようだけど、飼い主にそれを理解してもらいたいんだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと (7.21)

  • ニュース

大切なペットのために仕事を休める? (7.21)

  • ニュース

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

  • ニュース

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・中編【わんこと行くクルマ旅】 (7.20)

  • ニュース

フローリングでケガをする犬が増加中! 愛犬のための床対策 (7.20)

  • ニュース

これ同じワンコ!?トリミングで劇的変化したワンコ11選 (7.20)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(8) (7.19)

  • ニュース

犬を太らせ過ぎると動物虐待か? (7.19)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る