TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(6)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(6)

第十一章『マリアの十戒(6)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

6.飼い主がどんなふうに私に接したか、私がそれをすべて覚えていることを知ってほしい。

マリアは繁殖場で生まれ、2歳半まで犬社会の中で暮らしていた。家庭犬じゃなかったから人間からなにも教えてもらうことなどなかったし、犬同士のけんかやいじめが日常茶飯事だった。

鹿児島の繁殖場時代、人間(経営者)は犬同士がけんかをすると大声をだしたり、たたいたり、つないでいる鎖を短くしたりして犬たちを苦しめることしかしなかった。マリアたちはいつの間にか抵抗することをあきらめていたんだ。マリアがほかの犬より警戒心、恐怖心が強いのは、そんな環境で成犬まで育ったからだと思う。

この家の子になって5年近くたったころでも、いろんなことがトラウマ(心的外傷)として残ってた。雷や大きな音が特に苦手。家の中にいてもブルブル震えてよだれがダラダラでてしまう。パパやママは「大丈夫よ」と言ってやさしく撫でてくれるけど、こればかりはなかなか克服できない。来たころよりひどくなってパパやママを悩ませたり。


雷は大の苦手。こんなふうにテーブルの下とかに隠れてしまいます。鹿児島時代、大雨や雷の被害にあったんでしょうね。

マリアはしかられると怖くて固まってしまう子だから、パパやママは決してきつくしからない。きっとマリアなりに理由があると思ってくれるんだ。先代のアニマルセラピー犬、犬のしつけ教室のモデル犬としても活躍したゴールデンレトリーバーのナナ先輩を育てたときと同じようにはいかなくて戸惑うことも多いみたいだけど、パパやママは今できなくてもいつかはできるようになると信じて接してくれているんだと思う。

そんな家族に恵まれてマリアは幸せだとわかってるけど・・・幼少のころ経験した恐怖の記憶はなかなか消し去ることができないんだ。

パパやママはいつだってマリアの世話を忘れない。休日になると1日中、話しかけてくれるし、さわってくれる。日々何ひとつ不自由なく過ごしていられる幸せを決して忘れない。パパやママがマリアにしてくれたすべてに、この家の子になって良かったことに、心から感謝してる。


マリアのお誕生日旅行。箱根の森の中のコテージでプレゼントをいっぱいもらった。忘れてないよ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る