TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(6)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(6)

第十一章『マリアの十戒(6)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

6.飼い主がどんなふうに私に接したか、私がそれをすべて覚えていることを知ってほしい。

マリアは繁殖場で生まれ、2歳半まで犬社会の中で暮らしていた。家庭犬じゃなかったから人間からなにも教えてもらうことなどなかったし、犬同士のけんかやいじめが日常茶飯事だった。

鹿児島の繁殖場時代、人間(経営者)は犬同士がけんかをすると大声をだしたり、たたいたり、つないでいる鎖を短くしたりして犬たちを苦しめることしかしなかった。マリアたちはいつの間にか抵抗することをあきらめていたんだ。マリアがほかの犬より警戒心、恐怖心が強いのは、そんな環境で成犬まで育ったからだと思う。

この家の子になって5年近くたったころでも、いろんなことがトラウマ(心的外傷)として残ってた。雷や大きな音が特に苦手。家の中にいてもブルブル震えてよだれがダラダラでてしまう。パパやママは「大丈夫よ」と言ってやさしく撫でてくれるけど、こればかりはなかなか克服できない。来たころよりひどくなってパパやママを悩ませたり。


雷は大の苦手。こんなふうにテーブルの下とかに隠れてしまいます。鹿児島時代、大雨や雷の被害にあったんでしょうね。

マリアはしかられると怖くて固まってしまう子だから、パパやママは決してきつくしからない。きっとマリアなりに理由があると思ってくれるんだ。先代のアニマルセラピー犬、犬のしつけ教室のモデル犬としても活躍したゴールデンレトリーバーのナナ先輩を育てたときと同じようにはいかなくて戸惑うことも多いみたいだけど、パパやママは今できなくてもいつかはできるようになると信じて接してくれているんだと思う。

そんな家族に恵まれてマリアは幸せだとわかってるけど・・・幼少のころ経験した恐怖の記憶はなかなか消し去ることができないんだ。

パパやママはいつだってマリアの世話を忘れない。休日になると1日中、話しかけてくれるし、さわってくれる。日々何ひとつ不自由なく過ごしていられる幸せを決して忘れない。パパやママがマリアにしてくれたすべてに、この家の子になって良かったことに、心から感謝してる。


マリアのお誕生日旅行。箱根の森の中のコテージでプレゼントをいっぱいもらった。忘れてないよ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アメリカ同時多発テロで犠牲となった爆発物探知犬 (4.21)

  • ニュース

不自然な抜け毛は病気のサイン⁉︎ 被毛の抜け方でわかる犬の体調チェック (4.20)

  • ニュース

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ? (4.20)

  • ニュース

犬の糞を放置すると罰金!動物先進国が行うユニークな糞対策 (4.19)

  • ニュース

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 前編【わんこと行くクルマ旅】 (4.19)

  • ニュース

悲しい時、そっと隣に。犬は人の表情を読める…? (4.19)

  • ニュース

雨の日散歩。【まう助日記】 (4.18)

  • ニュース

「交互凝視」の習性を使って明らかになる愛犬の甘えん坊度 (4.18)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る