TOP>ニュース > 留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと

  • ニュース

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと

留守番をしていて、誤飲や誤食、ケガなどをしてしまい、動物病院のお世話になる犬は少なくありません。留守番中の危険から愛犬を守れる方法について、考えてみましょう。

仕事や買い物などで、愛犬を留守番させることがあると思います。「大丈夫だろう」という気持ちから、特に何の対策もせずに愛犬に留守番をさせて帰宅したところ、あまりの部屋の散らかりように驚いた、という飼い主さんもいるのではないでしょうか。

犬の年齢やそれぞれの性格にもよりますが、思いがけない行動をすることが多々あります。飼い主さんが近くにいて行動を見ていれば制御も可能ですが、留守番中はそうはいきません。愛犬を危険から守るために、留守番のさせ方について見直してみましょう。

1.ケージの置き場所を考える

犬を部屋の中で自由にさせての留守番は、室内にある物に手が届くため、危険度が増します。いたずらを予防するには、犬の行動を制限する必要があるのです。

愛犬が元気いっぱいという場合には、ケージに入れて留守番させてはいかがでしょうか。ケージは、ベッドとトイレ、水飲み場があり、更にフリースペースがあるものを選びましょう。ケージの置き場所ですが、窓の側はNGです。人や車の通りが気になりますし、防災対策の面から見てもおすすめできません。

リビングの中で、周囲に危険なものがなく、直射日光が当たらない、犬が安心して1日を過ごせる場所に設置してください。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (12.15)

  • ニュース

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • ニュース

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • ニュース

虐待を受けたワンコが出会った小さな親友 (12.14)

  • ニュース

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』 (12.14)

  • ニュース

人間が犬を繁殖した証拠、最古はシベリアか? (12.14)

  • ニュース

あなたの飼い犬の性格は?星座別ワンコの性格診断 (12.13)

  • ニュース

育つ環境で寿命が変わる?地域別ペットの健康度ランキング (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る