TOP>ニュース > 【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリアが提案する夏の快適ドライブ術

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリアが提案する夏の快適ドライブ術

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

特別編 マリアが提案する夏の快適ドライブ術

この時期になると、マリアの犬友からこんな質問がきます(正確にはその飼い主さん)。夏、愛犬といっしょの家族旅行の計画があるんだけど、犬は暑さに弱いから、連れて行くのが心配で・・・と。


夏でも涼しい高原を目指して

そこでマリアは間髪を入れずにこう答えます。「避暑地に涼しい時間帯にお出掛けするように気をつかえば快適わん」ってね。中にはあまり犬の扱いに慣れていないけれど、誰かが家に残るから、置いていこうかな?なんていう考え方もあったりしますが、マリアの住んでいる東京の夏の酷暑の中、信頼関係ができていない家族の誰かといっしょに残していくほうが、犬にとっては不幸です。

体調が万全なら、置いていくより、暑さ対策をした上で連れて行ってもらったほうが、幸せにきまってるじゃない。


軽井沢のコテージは最高の避暑リゾート体験

幸いなことに、日本のドッグフレンドリーリゾートの多くは標高1000m超えの高地にあって、涼しい時間帯に出発し、気づけば避暑地・・・というドライブスケジュールを立てればほとんど問題なしわん。


蓼科で八ヶ岳連峰を望むボルボV90

で、マリアの都合で申し訳ありませんが、東京を起点とすると、向かう先は、避暑地の定番たる軽井沢、那須高原、八ヶ岳、蓼科あたりがお薦め。その4カ所は日本を代表する避暑地、リゾートであると同時に、ドッグフレンドリーなエリアとしても有名だからね(犬と泊まれるホテル、犬と入れる飲食施設、各種施設が充実)。


軽井沢でもっとも高地にあるカフェは夏でも涼しい


マイナスイオンたっぷりの水辺のカフェテラスにて

着いてしまえば夏でも涼しい、どころか朝夕は上着を着なくちゃいけないような気温になることもあるそうした避暑地への“わんこと行くクルマ旅”でも、気を抜いてはいけません。だって往路、復路のルート上は避暑地じゃないからね。


避暑地にたどり着くまでが暑かったりします

犬は1年中毛皮を着ていて、発汗は足の裏からだけ、という暑さに弱い生き物だから、道中にも気づかいが必要。わが家の場合、まだ暗い、気温が上がらないうちに出発。

夏のドライブではマメな水分補給、リフレッシュが必要で、高速道路を利用する場合は事前にドッグランのあるSA、PAを調べ、立ち寄るタイミングを決めて、なおかつアッチッチのアスファルト路面をなるべく歩かずにドッグランにたどり着ける駐車位置を確認。マリアのパパは百戦錬磨で、ドッグランのすぐ近くにピタリとクルマを停めてくれるんだよ。


芝生のドッグランは路面温度が上がりにくいよ

残念ながら、高速道路のSA、PAにドッグカフェはほぼないので(関越道、東北道、中央道はとくに。東名足柄SAのマリア御用達だった足柄SAのドッグカフェは閉店。その代わりに新東名 駿河湾沼津SAにドッグカフェ「ワンデイカフェ」がオープン)、SAやPAでランチする際は、できれば路面温度が上昇しにくい芝生の上のテーブル席(那須高原SAなどにあり)などで涼しくくつろぐのがベター。また炎天下、無理して日陰のないテラス席を利用するより、エアコンの効いた車内でランチ・・・という方法もあり。


芝生の上にテーブルがあると理想的


夏のドライブではサマードレス着用だよ

熱中症対策としては、マメな水分補給も不可欠。走りながら飲ませるのは大変だから、1・5時間~2時間ごとの休憩のたびに冷たいお水をたっぷりと飲ませてあげましょう。マリアはアイスクリームも溶けない保冷剤&保冷バッグを組み合わせ、そこにペットボトルのお水を何本も用意してもらっているんだよ(長距離ドライブの場合、わが家は2頭なので500ml×4本)。


車内で水がこぼれない水飲みボウルも不可欠

そうそう、車内のエアコン環境だけど、ミニバンの一部に装備されているリヤエアコン/リヤクーラー装着車、あるいは輸入高級車の一部に装備されている、後席エアコン吹き出し口+後席左右独立温度調整可能な4ゾーンエアコンディショナー完備といったクルマなら、後席、ワゴンタイプなどのラゲッジに乗った犬もかなり快適だけど、そうした装備のない、一般的なダッシュボードのみにしかエアコン吹き出し口がないクルマの場合はどうしたら犬がより快適なのか?


ボルボの後席左右で温度調整できるエアコン(V90)


ボルボV90は後席に3カ所のエアコン吹き出し口が

実はマリア、愛車の後席エアコン吹き出し口付きステーションワゴン以外の様々なクルマでも“わんこと行くクルマ旅”を楽しんでいるわけで、時に後席の空調環境がかんぺきじゃないクルマにも乗るわけです。そんなときは車内で使える扇風機、いや、今風に言えばサーキュレーターを付けてもらいます。わが家のリビングでも夏はエアコン+サーキュレーター併用で、より快適&経済的に過ごしているし、冷風がグルグルと隅々まで行き届いて、効率的に車内を冷やしてくれるんだ。マリアはふたつ持っているよ。


車内用サーキュレーター セイワZ79

そのマリア愛用の商品が「セイワ Z79 ボトル&クリップ 2WAYファン」(実勢価格2680円前後)。USB電源方式で、ボトルホルダーに置くか、大型クリップで車内に固定する2WAYの使用が可能。静音設計だから犬の耳にも優しいところがお気に入り。エアコンをONにした直後から車内に冷風が拡散され、行き渡りやすく、またエアコンの設定温度をあまり低くしなくても快適温度になりやすいメリットがあるんだよ。車内にUSBソケットがなくても(マリアのクルマもそうです)、シガーライターに差すUSBアダプターを利用すればOK。もちろん、サーキュレーターとして使うので、犬に直接風が当たらないようにしてね。


Z79はボトルホルダーでも固定可能


車内に増えているスマホ充電用USBソケット


USBなくてもUSBアダプターがあればOK

また、犬が後席に乗る場合は、サイドウインドーの引出し式ブラインドもあると快適。直射日光をやわらげ、車内の温度上昇を抑える効果があります。なければ(ほとんどのクルマにないはず)、どんなクルマにも付けられる吸盤式を利用すればOK。そして後席にハンモック状のペットシートマットを装着するなら、前側にメッシュ窓があるタイプだと、飼い主と犬がアイコンタクトしやすいだけでなく、エアコンの風も届きやすくなるんだよ。


ホンダフリードの後席ロールブラインド


ホンダ純正ペットシートマットはメッシュ窓付き

マリアの愛車には、マリアとララが乗る場所に温度センサーがあり、運転席でそこの温度が分かるようになっています。インターペット2017のホンダアクセスブースに展示されていた「フリード+ドッグコンセプト」にも付いていたけど、それってマリアのアイデアだったりします。犬の快適温度は22~23度Cが定説ですが、それではさすがに寒いので(人間が)、25度C以下で過ごせるよう、エアコンの調整をしてもらっているよ。


犬の乗車場所の温度をセンシング


冷感ひんやりマットを車内に敷くのも一策

そうそう、マリアの犬友の中には、クルマのエアコンの効きが悪くて、ドライブ中、暑くてしょうがないわん・・・なんていう悲劇!?の犬友もいるけれど、その場合は「クルマ、買い換えてわん」「レンタカーを借りてわん」と、マリアがわんわんお願いしたりします。後者の後席が涼しいレンタカーのリクエストなら、なんとかなるでしょ。

いずれにしても、飼い主は犬の乗車場所に座ってみて、エアコンの冷風がちゃんと届いているか、確認してね。パパはいつもそうしてくれます。ステーションワゴンなどで、マリアがラゲッジに乗る場合、パパはラゲッジの乗り心地まで事前にチェックしてくれます!!もちろん公道ではしませんが・・・。


後席4:2:4分割の中央席を倒すと冷風が届きやすいわん

では、愛犬との夏の“わんこと行くクルマ旅”、暑さに負けず、快適に楽しんで下さいね。マリアは今月、ひと足早く、避暑のために軽井沢へ言ってきま~す♪ その様子はもちろん、PETomorrowの“わんこと行くクルマ旅”で報告するわん。お楽しみにっ。byマリア


夏は清涼感満点の愛犬同伴カヌー体験も魅力(那須・板室ダム湖)

P1070606-SLNYH@1

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。90年代にペットと泊まれる宿の覆面調査「わんわんミシュラン」を8年間連載。愛犬とのドライブ、ドッグフレンドリーカー選び、ペットと泊まれる宿に関する業界第一人者。Web、専門誌、一般誌、ムック、ラジオ番組などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララ(どちらもレスキュー犬)と暮らしている。

小学館PETomorrowでは「わんこと行くクルマ旅」「今月のドッグフレンドリーカー」などの連載記事を担当。小学館ブックピープル、愛犬と行く旅、ONE BRAND(現在休刊)、レスポンス、カートップなどでも愛犬とのライフスタイル、ドライブ旅行、ペットと泊まれるホテル関連の記事を連載、展開中。インターペット2017では「ペットとお出かけ快適ドライブ術」トークショーの司会を務める。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

  • ニュース

光を失った犬が教えてくれたこと【保護犬と暮らす】 (1.17)

  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (1.17)

  • ニュース

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】 (1.16)

  • ニュース

父親に自撮りを教えたら…瞬く間に世界中で大人気に! (1.16)

  • ニュース

秘密基地。【まう助日記】 (1.15)

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき? (1.15)

  • ニュース

犬のトレーニングにはジェスチャーも取り入れたほうが効果的? (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る