TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(3)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(3)

第七章『崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(3)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

鹿児島の記憶-その3

マリアの話はまだまだ続きます。

「Mさんたちが繁殖場の犬たちを発見してくれた2007年1月ごろ、マリアは鹿児島の山奥の凍(い)てつく寒さの中、出産したばかりだったの。九州、鹿児島といっても、そこでは最低気温が一度にまで下がる日もあったのよ。もちろん繁殖犬だから出産するのは当たり前だけど、この繁殖場はいろんな種類の犬たちが一緒に暮らしていたからMIXを出産する子が多かった。繁殖場はこのころから管理もずさんでほとんど崩壊状態だったの」

「マリアも柴犬とのMIXを3頭出産。メスのイエロー1頭とオスのブラックの2頭よ。その3頭の見かけはほとんど純血のラブだった。オーナーは純血が生まれると、出産後は特別に缶詰をくれたりしたけれど、マリアの場合はMIXだったから食事は普段どおり。もらえる日も、もらえない日もあったわ。もちろん授乳で栄養を摂(と)られるから空腹なんてもんじゃなかった。子犬たちも母乳が足りなくて、食ふんまでする始末だったの。本当に地獄だった。Mさんたちが来てくれるようになって本当に救われたことを覚えてる」

「メスのイエローの子はノンちゃん。オスのブラック2頭にはリッツ、マーブルってMさんたちが名前を付けてくれたの。マリアもそうだけど(当時はエクル)、優しく名前で呼んでもらえるのがとっても嬉しかった」


マリアの子供ののんちゃん。MIXですが、母親のマリアにとてもよく似ています。この写真はMさんたちがレスキューに入ってからのもの。キレイにしてもらっています。今は兄弟のリッツといっしょに高級老人ホームにいます。よかった、よかった。

「3月。オーナーはMさんたちが繁殖場の敷地内に立ち入ることを嫌がるようになったの。それでもMさんたちは『不法侵入だ』と言われながらも、お菓子やジュースのお土産を持っていったりしてオーナーの機嫌を伺いながら、マリアたちの世話を続けてくれた。その間、犬を譲ってほしいとお願いしたけど、MIXでさえ8000円で売れるからタダでは譲れない、病気でやせ細った犬でさえ買い取ってほしい・・・・なんて、むちゃくちゃなことを言われたそうよ」

「でも、Mさんたちはお金で譲ってもらうことは決してしなかった。だって、これから先の、40頭以上の犬たちの医療費や、全国で受け入れてくれるボランティアの元へ届ける輸送費のことなど、解決しなければならないことはほかにもいっぱいあったから・・・・」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る