TOP>ニュース > 「おいで!」より覚えて欲しい愛犬を呼ぶコマンド【ドッグトレーニング】

  • ニュース

「おいで!」より覚えて欲しい愛犬を呼ぶコマンド【ドッグトレーニング】

須﨑大のヒューマン・ドッグトレーニング

IMG_1764-01

飼い主の元に嬉しそうに走り寄って来る“来い”“COME”のコマンドを指します。犬は名前を呼ばれたり、来い、おいでなどと言われることで、ある程度飼い主の声に反応はしますが、自分の興味が勝り、結果的に飼い主が無視されることも多々あります。そこで、好きなことをやめてでも飼い主の元に走り戻りたい、という心情を刺激することが、このコマンドの目標になります。

本来、“犬を呼ぶ”のは、ドッグランなどでリーシを付けて帰宅する、信頼関係を確認したいなど、飼い主のタイミングであることが多いはず。呼んでみたものの、愛犬に逃げられ、右往左往して飼い主が追いかける姿を見かけることも少なくありません。

まずは、飼い主のもとに走り寄ってくること前提に、飼い主の目の前で落ち着いて待つ“おすわり”をマスターさせましょう。これは同時進行のトレーニングでもOK。座って、少しの間でもじっとできるスキルが必要です。

◆トレーニング方法◆

1.犬を呼びます。この時、普段の名前を心から嬉しそうに呼んでみましょう。普段名前で叱っていなければ、嬉しそうに走り寄って来るはずです。

2.そばに来たら褒める前に“おすわり”コマンドを出します。

3.慌てず落ち着いて褒めながら、さり気なくリーシを付け、次に大げさに褒めながらリリース・コマンドをだして開放します。

☆ポイント☆

最初は家の中から始め、うまくできたら公園などで応用すると確実で安全です。

呼んでから、座らせ、リーシを付けるまでの時間はなるべくスムーズにできるよう、飼い主側もリーシの準備などは事前に済ませてから呼びましょう。大好きな飼い主に呼ばれて「うれしい!」と思った時の心情をそのまま行動に反映させる一連の「流れ」が重要です。

さもないと、他の楽しい刺激に興味が行き、落ち着かなくなることもあります。またあまりおやつを与えることに一所懸命になってしまうと、おやつがないと反応が得られなくなることもあるので、まずは「よく好きなことをやめて走り寄ってきたね!ありがとう。」という気持ちを込め、笑顔で迎えましょう。そこにプラスαでおやつがついてきた!くらいがスマートですね。

profile2015
文/須﨑 大 (すざき だい)

ヒューマン・ドッグ トレーナー。DOGSHIP LLC.代表。実務経験と動物の行動学と心理学を学問してきた立場から、人と犬、人と人の相互関係をライフワークとして研究。互いの行動変容を促すコーチングを用いたトレーニングは、顧客満足度の高さに定評がある。また近年、社会人向けに「動物から学ぶコミュニケーション」をテーマに企業や自治体・ホテル等にて、講師としても活動を行なう。

unnamed
犬と人のスマートな共生を可能にするスクール『ドッグシップハーバー』開港!
http://dogship.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

泣けるほど美しい。いつも一緒に旅をする犬と猫 (1.18)

  • ニュース

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

  • ニュース

光を失った犬が教えてくれたこと【保護犬と暮らす】 (1.17)

  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (1.17)

  • ニュース

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】 (1.16)

  • ニュース

父親に自撮りを教えたら…瞬く間に世界中で大人気に! (1.16)

  • ニュース

秘密基地。【まう助日記】 (1.15)

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき? (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る