TOP>ニュース > ペット共生シェアハウスで保護犬ボランティアをサポートするプロジェクト始動

  • ニュース

ペット共生シェアハウスで保護犬ボランティアをサポートするプロジェクト始動

保護犬と住まうシェアハウス ~犬との暮らしサポートプロジェクト~

ペット共生シェアハウスの企画運営を手掛けるHOUSE-ZOOと保護犬のケアと里親探しを行なう動物愛護団体NPO法人わんずぺ~すは、2017年6月1日より、『犬との暮らしサポートプロジェクト』を、HOUSE-ZOO国分寺からスタートさせる。

多くの人に犬との暮らしの良さを知ってもらい、また飼い主の居ない犬を減らすことを目的として、シェアハウスでの保護犬の一時預かりボランティア活動を支援する。わんずぺ~すの活動拠点(東京都多摩地区)にあるHOUSE-ZOO国分寺のシェアハウスに入居される人が対象。

サービス対象者

■保護犬ボランティアを手伝いたいけど、何から初めて良いのかわからない人。
■犬を飼いたいけれど、将来の環境が予測つかなくて、迷っている人。
■ひとり暮らしで犬を飼い始めるのは、不安と思っている人。

主な支援内容

■病院受診、トリミング、不在時預りサポート
■飼育費負担は月々3,500 円の「保護犬支援金」のみ(予防薬含む医療費がカバーされ、ペットシーツ、ドッグフード&おやつが支給される)
■ペットに関する勉強会の実施
■ペット飼育グッズのレンタルサービス
■家賃・共益費の追加不要
一時預かりボランティアとは、わんずぺ~すが保護した犬を新しい家族が出来るまで一時的に預かるボランティアで、期間限定でも譲渡されるまででもOK。保護犬を愛犬に迎えたい場合は、わんずぺ~すの規定審査をクリアすれば、譲渡も可能。

■HOUSE-ZOO:http://www.house-zoo.com/
■NPO 法人 わんずぺ~す:http://www.wanspace.jp/

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • ニュース

ペットの好きな仕草ランキング、1位は「寝ている姿」 (10.20)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数 (10.19)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (10.19)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る