TOP>ニュース > 産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】

  • ニュース

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】

保護犬と暮らす

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬

犬と子供が一緒にいるシーンというのはいいものだ。時に遊び仲間、時には子供のやんちゃぶりをぐっとこらえて、犬がいい子守役になることもある。

しかし、中には子供ができたことを理由に、その家族のメンバーからは外されてしまう犬もいる。Eさんが出会ったのは、そんな犬だった。


大空[そら](チワワ、オス、9歳)

Eさんは2匹のハムスターを飼うまでペットと暮らした経験がなく、毎日の世話はもちろん、仕事に出かける時には「行ってきます」、帰宅した時には「ただいま」と声をかける生活がとても新鮮で、ほのかな幸せを感じていた。こと一人暮らしのEさんにとっては、“家族”というものの片鱗を感じ取れる存在と言ってもいい。

リクとタラという小さな兄弟は、ジャンガリアン・ハムスターらしく個性が豊かで、活発ながら甘えん坊。手の平に乗るほどの軽くて小さな命の温もりに、日々の疲れや悩みを忘れることもあったろう。

しかし、ハムスターの寿命は短い。3年を経てリクとタラは天寿を全うし、Eさんには寂しい毎日が続いた。

「動物って、いいなぁ…」

ため息交じりに、そんな言葉が口から洩れる。日が経つにつれ、もう一度動物と暮らしてみたいと思うようになったEさんは、ペットショップにも足を運んでみた。リスにしようか、亀にしようか。展示されている動物たちを見ても、何か違う気がして今ひとつピンとこない。

周囲には犬と暮らす人たちがおり、その様子を見ていると犬もいいように思えたが、実は、Eさんは犬が大の苦手で、町中で散歩中の犬に合うとわざわざ道を変えるくらいだったのだ。しかし、心がどこか犬へ傾いていく。

「私には犬が飼えるものなのかしら? 一人暮らしだし…。子犬からはやっぱり無理かな? 里親になるとか?」

Eさんはいろいろと想像をし、考えてもみた。そんな日々の中で、何気なくインターネットで犬の里親募集サイトを眺めていた時のこと、1頭の小さな犬に目が留まった。すでに成犬になっているオスのチワワで、フセをして写真に写っているその姿は、どこか惹かれるものがある。里親の募集理由には、「飼い主に赤ちゃんができて飼育が難しくなったため…」とあった。


「ほんとは犬が苦手だったのに…」(Eさん)

Eさんは一晩、その犬のことが頭から離れず、ベッドに入っても自分に飼えるかどうかを自問自答する。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(1) (5.30)

  • ニュース

ペット共生シェアハウスで保護犬ボランティアをサポートするプロジェクト始動 (5.30)

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリアが「Volkswagen Day 2017」に行って... (5.30)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】愛犬と暮らす幸せ(1) (5.29)

  • ニュース

なぜ犬はトイレをする前にクルクル回るのか? (5.29)

  • ニュース

中部最大級わんこのイベント「わんだらけ」第2回が開催決定! (5.26)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(7) (5.26)

  • ニュース

ペットの総合情報サイト「PETomorrow(ペットゥモロー)」編集者募集 (5.26)

もっと見る

注目のグッズ

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る