TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】VWパサートGTEヴァリアント

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】VWパサートGTEヴァリアント

今月のドッグフレンドリー・カー VWパサートGTEヴァリアント

自称自動車評論犬!? “旅するラブラドールレトリーバーのマリアが大のお気に入りのフォルクスワーゲンのフラッグシップステーションワゴンがVWパサートGTEヴァリアント。


VWパサートGTEヴァリアント


伸びやかなワゴンスタイリングで高級感もたっぷり

フツーのパサートヴァリアントもなかなかのドッグフレンドリーカーですが、このGTEグレードはフォルクスワーゲン初のPHV(プラグインハイブリッド)車です。1・4Lガソリンターボエンジンを積む標準モデルとなにが違うのかといえば、燃費性能抜群でトルキーに走ることで定評ある156馬力の1・4Lターボエンジンに116馬力のモーター、9・9kWhのリチウムイオンバッテリーが追加されていること。


ブルーのラインとエンブレムがGTEの証

つまり、モーターだけのEV走行が可能で、その走行距離は国土交通省審査値で51・7km、速度は130km/hまでとなっています。実際にはエアコンなどを使うため、フル充電時の実質Eモード走行=EV走行距離は40kmぐらいになります。

EV走行では当然、エンジンは始動していないため、車内は例えば新幹線のように滑らかで静か。聴覚に優れた犬にとって耳に優しいドライブが可能になるのです。近所の公園にお散歩に出掛ける・・・といったシーンでは、基本的にそのEV走行でまかなえるはず。


高級感&先進感溢れるインテリア

では、“わんこと行くクルマ旅”で遠出した場合はどうでしょう。Eモードで走れるところまで走り、バッテリーがなくなってもしっかりエンジンで走れる、プリウスのようなHV走行に移行します。充電は200Vのみなので、自宅の充電設備(今では数万円から設置できます)、またはVWのディーラーなどで充電が可能。ちなみに高速道路のSA/PAにある急速充電には対応していません。こちらは主に電気がないと走れないEV、またはPHEV専用です。


充電用コードはラゲッジ床下に

しかし、いったんVWパサートGTEヴァリアントのバッテリーがなくなっても、走行しながらバッテリーを蓄えることができます。それが「チャージモード」。燃費抜群の1・4Lターボエンジンで走りながら回生し、バッテリーを満たすことができるんです。

例えばリゾート地へ向かう“わんこと行くクルマ旅”のためにフル充電状態で家を出発。高速走行中にバッテリーはなくなってしまいますが、目的地近くになったら「チャージモード」に。すると見る見るうちにバッテリーが蓄えられ、高速を下りたリゾート地でEモード=バッテリーだけで走り、排気ガスを出さないEV走行が可能になり、リゾート地の空気を汚さず目的地のわんこと泊まれるリゾートホテルにたどり着くことができたりします。


大柄なボディーでも視界がいいので運転は楽々

パサートGTEヴァリアントは基本部分も極めてドッグフレンドリー。エアコンは3ゾーンフルオートで、運転席、助手席に加え後席も独立温度調整ができ、暑い時期でも後席、ラゲッジに乗った犬は快適にドライブを楽しめます。


3ゾーンフルオートエアコンの温度設定表示


後席エアコン吹き出し口

また、バックドアを閉める時、フツーはガッチャンと大きな音がするわけですが、聴覚のいい犬にとって大迷惑。ところがパサートGTEヴァリアントはパワーテールゲートを採用しているため、最後のところもスーッと静かに振動なく閉まるのです。


バックドアが閉まったときもうるさくないよ

モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”、EV/PHEV専用サービス“e-Remote”)も備わり、走行中でも近隣のスポット、お店、ガソリンスタンド、動物病院などがスマートフォンのようにボイスコントロールで検索可能(スマートフォンとのブルートゥース接続が必要)。一般的なナビゲーションでは走行中に検索など多くの機能が制限されますが、これは便利です。

では、パサートGTEヴァリアントの犬の乗車性はどうでしょうか。自称自動車評論犬!?のマリアによれば、「かんぺきわん」とのこと。

まず、後席はシート地上高が56cmと低く、マリアのようなシニア犬でも乗り降りしやすく、シート幅、シートクッション長もたっぷりサイズのため、大型犬のマリアと妹のジャックラッセルのララ2頭が余裕でくつろげるのです。すでに説明したように、後席エアコン吹き出し口、専用温度設定が可能な点も見逃せません。


比較的フラットな後席はゆったりスペース

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。 (11.23)

  • ニュース

ペットと一緒に永眠、ニューヨークで条例が制定 (11.23)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • ニュース

【いぬのはてな】攻撃的な犬は、あるホルモンのレベルが高い? (11.22)

  • ニュース

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』 (11.22)

  • ニュース

“偽”のサービスドッグに「認知症患者」のためのサービスドッグ (11.22)

  • ニュース

子供とペットの関係について考える (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る