TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(3)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(3)

第九章『里親になるということ(3)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

先代のゴールデンレトリーバー、ナナは生後35日でわが家の一員になりました。最初のころ、食事は1日4回。子犬なので排便も頻繁、朝早くから「クンクン」という鳴き声で起こされ、乳幼児のように手がかかったものです。歯が生え変わるころは甘がみされまくり、愛情表現で元気に飛びつかれるのはそれはそれで嬉しいけれど、手や足は傷だらけ。洋服はかぎ裂きだらけでした。それはなにも、大型犬に限らないことです。


生後、約1カ月のナナ(1994年7月2日生まれ)。 歯が生えてきてかゆいのか、噛むことが大好き。あちこち、かじられました。1994年8月12日撮影。わが家に来たばかりです。

ナナの住まいは引っ越したばかりの新居。が、真新しい家具や部屋の柱、桟など、アッと言う間にあちこちカミカミした跡で傷だらけ。被害甚大ですが、かわいさあまって怒るに怒れない。もちろん、あらかじめその対策にと大きなケージを用意していたんですけど、夜、ケージに入れると「出せ、出せ」と吠えまくり。懇願するような顔を見ると、やっぱりかわいそうかな・・・ということで結局、使わずに終わってしまいました。もったいない。

そればかりか、生後6ヶ月まではトイレをいくらトレーニングしても失敗ばかり。新しいカーペットをトイレシートと勘違いし、オシッコし放題です。頭にきます。だから部屋中、においがもう大変。消臭剤ぐらいじゃ追いつきません。つまり、犬を子犬から飼うということは、”それなり”どころじゃない苦労、大変さが山ほどあるんです。


上の写真から2カ月でこんなに大人っぽくなったナナ。このころの体形はちょっとアンバランス。1週間の出張から帰ってくると、知らない犬がいる!? みたいな感じでした。とにかくどんどん大きくなる。いたずら盛りでもあり、新築の柱をガリガリかじられ、引っ越し祝いでいただいた観葉植物の葉を食べ尽くされたりしました。子犬から飼うと、そんな被害も要覚悟ですね。

ところが、もう成犬になった2歳半でわが家にやって来たマリアの場合、子犬のように手がかかることなどまったくありませんでした。臆病(おくびょう)すぎて新しい環境への順応性があったとは言えないものの、最初のころからトイレの失敗などほとんどなく、意外にも無駄ぼえゼロ。お散歩では道路上で排せつなどしないお利口さん。最初からちゃんと公園や緑地に行ってから排せつすることができたのです。だから安心して外出することができたし、手がかからないので夜もぐっすり眠ることができました。ナナの子犬時代とは大違い。まぁ、大人、ですからね。マリア、偉いぞ。褒めすぎ、ですが。

ただ、マリアのベッドに敷いたタオルや毛布は、何のストレスの発散なのか!?おいしいのか?何枚も角をかじられた被害はありましたけど・・・(なぜか、布地の角が好きだ)。

ところで、前にもお話ししたように、本来、里親として迎えた子はゴールデンレトリーバーのレモンちゃんでした。マリアはレモンちゃんがボランティアの元でがんの治療中、一時的に預かった子です。が、一緒に生活を、時間を重ねていくと情も移るってもんです。そして、少しずつ人間を信頼していくマリアを、やっと鹿児島の崩壊した繁殖場の地獄から抜け出し、家庭犬としての幸せをつかもうとしているマリアを、ボクたちはもう、悲しませ、裏切ることなどできるはずもなかったのです(だから、今、わが家にいます)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数 (10.19)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (10.19)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

  • ニュース

音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係 (10.18)

  • ニュース

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る