TOP>ニュース > アメリカのシェルターにいる犬の数

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数

シェルターにいる犬の数を分析(アメリカ)

欲しがる人がいるからペットを売るのか、売っているから買いたくなるのか。鶏が先か、卵が先か。これはなかなか難しい問題だ。

ペットと暮らしたいと思い、そして飼えるだけの環境にある人すべてが、その願いを叶え、かつ行き場を失うペットがゼロとは言わないまでも、極力少なくて済む。そんな状況を維持するには、いったいどのくらいのペットの数であることが妥当なのだろう?というようなことを考えた。行き場のない犬猫たちが後を絶たない、もう一方では次々と生まれてくる子犬や子猫たち。仮にそんな状況が続くとするなら、なんともアンバランスな気がして仕方ないのだが。

そもそも、保護されている犬や猫たちの数は、全体でどのくらいになるのだろうか?

アメリカでは、ミシシッピー大学の研究者たちが、犬を対象に、同国内のシェルターで保護されている数、飼い主のもとへ戻された数、新しく里親が見つかった数、他の施設へ移動された数、安楽死となった数(殺処分と言っていいのだろう)などについて調査をし、概算を出した。(*1, 2)

これまで度々そうした数値が引用されることはあったが、系統的分類がなされたものではなかったという。

この調査では、それまでのリスト上、1万890ヶ所あったシェルターに対して電話での聞き込みをしながら、調査の観点からは不適合のものを除外し、413のアニマル・シェルターまたは団体を基盤に調査・概算したところ(人口や野生動物の数を推定するのと同じ手法)、アメリカ国内に存在するシェルターの数は約7,100ヶ所となったそうだ。

そして、年間、シェルターに保護される犬の数は約553万3,000頭で、飼い主のもとに戻される犬は約96万9,000頭(18%)、里親が見つかる犬は約262万8,000頭(47%)、他の施設などに移動される犬が約77万8,000頭(14%)、殺処分となる犬は約77万7,000頭という結果に(14%)。(*1,2)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。 (11.23)

  • ニュース

ペットと一緒に永眠、ニューヨークで条例が制定 (11.23)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • ニュース

【いぬのはてな】攻撃的な犬は、あるホルモンのレベルが高い? (11.22)

  • ニュース

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』 (11.22)

  • ニュース

“偽”のサービスドッグに「認知症患者」のためのサービスドッグ (11.22)

  • ニュース

子供とペットの関係について考える (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る