TOP>ニュース > 青い部分はどちらが大きい?犬の錯視実験

  • ニュース

青い部分はどちらが大きい?犬の錯視実験

犬は目の錯覚にはだまされない?

筆者の愛犬は牛肉と豚肉を同時に出すと、まず牛肉から食べる。スイカを出せば甘いところしか食べない。そして、ちょっとリッチなヨーグルトとお手頃なヨーグルトを並べて出すと、リッチなヨーグルトしか食べず、お手頃ヨーグルトは筆者が有難く食べることになる。

「う~む、犬はなかなかにグルメだ」などと思うことは度々あったわけだが、同じ食べ物で量が違うものを同時に出したらどうなるか?と試してみたことがある。

すると愛犬は、まず量の多いほうから食べ始め、量の少ないお皿をちらちらと横目で見ながら、いつもよりやや急いで食べている。その目は、「それも食べるんだから、片付けないでね」と言っているかのようだった。

そんな筆者がやったことのない実験(?)がある。

下の図、白い部分はお皿で、青い部分は食べ物と仮定した場合、違いがおわかりだろうか? 食べ物の量はどちらが多いのか?

実は、右側のほうはお皿が大きいだけで、食べ物の量は両方ともまったく変わらないのだ。しかし、パッと見たところ、左側のほうは量が多く、右側は少ないように感じないだろうか?

これは目の錯覚によって起こる現象で、デルブーフ錯視と呼ばれており、身近なところではインテリアやメイク、交通環境などにも取り入れられているそうだ。

犬にこのデルブーフ錯視を用いて食べ物を与えたら、いったいどう反応するのか? 筆者はこれをまだやったことがなかったのだが、その実験をした研究チームがあった。

イタリアのパトヴァ大学総合心理学部の研究チームは、犬に対して2種類の実験を行うことで、犬もデルブーフ錯視に反応するのかどうかを調べたのである(*1)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠く離れた猫とも遊べる♪ 遠赤外線接続型ねこじゃらじ「パウボキャッチ」 (9.22)

  • ニュース

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」 (9.22)

  • ニュース

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • ニュース

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと (9.21)

  • ニュース

本作を観る前にチェック!映画『僕のワンダフルライフ』のフィーチャレット映像を公開 (9.21)

  • ニュース

愛犬がトイレまでついてくるのはなぜ? それは家族としての愛情表現かも。 (9.21)

  • ニュース

思わず涙する人続出!映画『僕のワンダフル・ライフ』特別試写会レポート (9.21)

  • ニュース

犬と猫、一緒に暮らすと楽しさ倍増? 飼い主さんに魅力を聞いてみた (9.21)

もっと見る

注目のグッズ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る