TOP>ニュース > 青い部分はどちらが大きい?犬の錯視実験

  • ニュース

青い部分はどちらが大きい?犬の錯視実験

犬は目の錯覚にはだまされない?

筆者の愛犬は牛肉と豚肉を同時に出すと、まず牛肉から食べる。スイカを出せば甘いところしか食べない。そして、ちょっとリッチなヨーグルトとお手頃なヨーグルトを並べて出すと、リッチなヨーグルトしか食べず、お手頃ヨーグルトは筆者が有難く食べることになる。

「う~む、犬はなかなかにグルメだ」などと思うことは度々あったわけだが、同じ食べ物で量が違うものを同時に出したらどうなるか?と試してみたことがある。

すると愛犬は、まず量の多いほうから食べ始め、量の少ないお皿をちらちらと横目で見ながら、いつもよりやや急いで食べている。その目は、「それも食べるんだから、片付けないでね」と言っているかのようだった。

そんな筆者がやったことのない実験(?)がある。

下の図、白い部分はお皿で、青い部分は食べ物と仮定した場合、違いがおわかりだろうか? 食べ物の量はどちらが多いのか?

実は、右側のほうはお皿が大きいだけで、食べ物の量は両方ともまったく変わらないのだ。しかし、パッと見たところ、左側のほうは量が多く、右側は少ないように感じないだろうか?

これは目の錯覚によって起こる現象で、デルブーフ錯視と呼ばれており、身近なところではインテリアやメイク、交通環境などにも取り入れられているそうだ。

犬にこのデルブーフ錯視を用いて食べ物を与えたら、いったいどう反応するのか? 筆者はこれをまだやったことがなかったのだが、その実験をした研究チームがあった。

イタリアのパトヴァ大学総合心理学部の研究チームは、犬に対して2種類の実験を行うことで、犬もデルブーフ錯視に反応するのかどうかを調べたのである(*1)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(4) (6.22)

  • ニュース

フローリングでケガをする犬が増加中! 愛犬のための床対策 (6.21)

  • ニュース

犬を太らせ過ぎると動物虐待か? (6.21)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット お台場BISTRO うしすけ (6.21)

  • ニュース

動物も助けて!動物にも緊急医療措置を施すことを許可する法案可決 (6.20)

  • ニュース

住所非公開!暮らすように過ごせる海辺のヴィラ誕生【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.20)

  • ニュース

伸縮リードを安全に使うためにおさえておきたい3つのポイント (6.19)

  • ニュース

動物がいるからこそ伝わること、学べること『動物と子どもシンポジウム』レポート (6.19)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい〜!熱中症対策に役立つアイテム登場

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

頑丈で機能的!ひとつは持っておきたいイタリア製のカッコイイケージ

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る