TOP>ニュース > 米JFK空港に誕生した世界初の動物専用ターミナルが稼働開始!

  • ニュース

米JFK空港に誕生した世界初の動物専用ターミナルが稼働開始!

世界初の動物専用ターミナル、着々と稼働開始中(アメリカJFK空港)

日本とは違って国土の広いアメリカでは、飛行機の利用率が高いことだろう。その飛行機に乗るのは人間だけとは限らない。同国内では年間で推定200万頭のペットおよび動物が飛行機によって空輸されているという(*2)。

そんなお国柄もあってか、ニューヨークにあるJFK空港(ジョン・F・ケネディ国際空港)では、検疫や空輸手続きはもちろん、動物病院、ペットリゾート施設なども含む動物のウェルフェアを考慮した包括的なサービスを提供する動物専用ターミナルTHE ARK AT JFK(http://www.arkjfk.com/)の建設が進められていたが、すでに第1段階でのオープニングが発表されている。

第1段階では、旅や空輸の途中で休憩およびケアなどが必要なコンパニオン・アニマル向けのサービスが提供されるThe ARK Pet Oasisや、馬および家畜動物の出国管理を行うEquine & Livestock Export Center、輸送中の鳥類の休憩や検疫に使われるAviary In-Transit Quarantineなどが含まれる。

今後は順次、段階を追って、馬の輸入の際の検疫を行うセンター(馬用の48のスペースがあり、特別輸送車で飛行機からセンターまで輸送される)、グルーミング・ラウンジ、輸入される鳥類の検疫センターなどが今年の春頃にオープン予定。

そして、今年の夏頃には、動物病院の完全なる稼働、動物血液ラボラトリー、ペット宿泊施設、グルーミング施設など、すべてのサービスが利用可能になる予定だという。

ペットリゾートは、すでにシカゴ、デンバー、ダラスなどでサービスを展開しているParadise 4 Paws(http://www.paradise4paws.com/)による運営で、骨型の犬用プールや150の部屋があり、スパ&グルーミング、トレーニングなどのオプションもあるそう。

動物にとって快適かつ好ましい環境を提供し、新しい国際空港標準を設定したというTHE ARK AT JFK内部の様子は、地元メディアSPECTRUM NEWS NY1がレポートした動画でちらりと見ることができる。

【Travel’s a Real Zoo at New JFK ARK】
http://www.ny1.com/nyc/all-boroughs/travel/2017/03/23/ark-at-jfk-opens.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • ニュース

ペットの好きな仕草ランキング、1位は「寝ている姿」 (10.20)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数 (10.19)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (10.19)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る