TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(4)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(4)

第八章『マリアの幸せ(4)』

社会性を身につけさせる意味 その1

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

「とってもいい子ですね」「しっかり、しつけられていますね」「社会性のある子ですね」
愛犬と外出して、誰かにそんな言葉をかけられたらとっても嬉しいですよね。飼い主も愛犬も鼻が高くなる。

そう、愛犬と暮らし、旅し、幸福な時間を過ごすためには、愛犬に社会性を身につけさせることが大切だと思っています。

そのためには可能な限り早く社会に出す・・・ということです。家の中での犬の立ち位置はもちろん(犬がご主人さまになってはいけません)、犬や人間の中で、どう振る舞えばいいのかを、身をもってしつけていくしかないのです。そのためには積極的にほかの犬とふれあいさせ、家族以外の人間の中にも溶け込ませることが重要です。

ほかの犬に攻撃的な振る舞いをしてはいけない、たとえペット同伴可能なカフェやレストランでも、無駄ぼえせず、おとなしくしなくてはいけない。でも、なかなか言葉で伝えることはできません。しかし、人間の子供がそうであるように、社会性とは自然に身につくもの。人間の子供なら、幼稚園や小学校での日々の生活、経験が社会性を身につけさせますよね。


カフェのフロアでおとなしくしているマリア…….に見えます。ほかのお客さんや犬に迷惑はかけません。粗相もしません。でも、おいしいものが出てくると・・・・・。代々木公園近くのラ・パッツアにて。

最近では愛犬に社会性を身につけさせるため「犬の幼稚園」!?なるものがあったりします。朝、自宅までお迎えが来て、日中、幼稚園でほかの犬たちとふれあいながらしつけもしてくれる。飼い主ぬきでスタッフとの遠足もあるそうです。犬は家でマイ・バックパックに荷物を用意してもらい、お迎えが来るのを楽しみにしているようです。しかし費用が高いのでそうそう入園することもできません。

わが家では先代のナナ(ゴールデンレトリーバー)が子供のころ、カミサンが飼い主と一緒に出向くタイプの「犬のしつけ教室」に週1回、2年ほど通いました。そしてナナはのちにそのしつけ教室のモデル犬となり、カミサンもしつけ教室のお手伝いするようになったのです。だから、マリアのしつけに関しては、その時に得た経験から多少の自信はありました。短期間で『ワンワンミシュラン』デビューに向けての訓練を始めましたが、はじめの1ヶ月、マリアは人間社会に、環境の変化におびえて暮らしていたので思うようには進みません。なにしろ社会性ゼロからのスタートだったのです。

最初のころは足元にまとわりつくだけで、まともに歩いてはくれませんでした。そもそもお散歩という概念がなかったのですから。そして人間社会、都会ならではの生活音=クルマやバイクの音、すれ違う犬!?を怖がり、動けなくなり、ふさぎこむこともしばしばでした。それでも毎日少しずついっしょに歩く距離を伸ばし、1ヶ月を過ぎたころには交通量の激しい大通りの信号を渡って遠くの公園まで歩いて行けるようになりました。日常の散歩で、いっしょに楽しみながら基本的なしつけをしたのです。しつけは人間の子供も同じですが、なにも「幼稚園」に入れなくても、心がけしだいでは日常の生活の中で十分にできると思います。

そして食事、散歩はできるだけ毎日同じ時間帯にして習慣づけ、環境を過ごしやすいように整え、スキンシップや話しかけることを怠りませんでした。そうこうしているうちに、マリアはボクたちを”自分を守ってくれる頼りがいのあるリーダーだ”と認めてくれるようになったのです。

しつけなんて人間のエゴだという人もいます。しかし、犬は人間の言葉を喋れません(理解はできても)。しつけこそが言葉を伝えられるようになるほとんど唯一の方法だと思います。意思の疎通ができるようになれば。犬との生活は何倍も楽しくなるのです。


軽井沢の「浅野屋」の前で。しつけがしっかり入っていると、軽井沢銀座をこうしていっしょに歩いてもまったく安心。いい子でした。 現在、雨宿り中。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

虐待を受けたワンコが出会った小さな親友。 (10.21)

  • ニュース

人と犬の共生新時代、大活躍のベアードッグとモンキードッグ【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.21)

  • ニュース

今更だけど。なぜ、猫はルンバに乗るの…? (10.21)

  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る