TOP>ニュース > 米国西海岸カリフォルニアののどかな街で暮らすゆきちゃん【海外犬暮らし《アメリカ編》】

  • ニュース

米国西海岸カリフォルニアののどかな街で暮らすゆきちゃん【海外犬暮らし《アメリカ編》】

海外犬暮らし《アメリカ・カリフォルニア編》

前回の【海外犬暮らし《カナダ編》】に続いて、今回はアメリカでのお話を。

見渡す限り、高いビルは見当たらない。整然と並んだ家々の壁はオフホワイト、屋根は薄い赤レンガ色で統一され、街並みの向こうには荒涼とした小高い山が見える。さちさんが住む街はアメリカの最西部、カリフォルニアにあった。ロサンゼルスやサンフランシスコといった大都会とは違って、平野を吹き抜ける風と共にゆったりとした時が流れている、そんなどこかのどかな街である。

img_0456
その昔、幌馬車やカウボーイたちがこの地を疾駆したのだろうか。平野に整然とした家並みが続くカリフォルニアのとある街/©S&Y

さちさんはアメリカに渡り、家庭をもった後、2人の子の母となった。日本にいた学生時代には、ラフ・コリーと暮らしていたということもあって、いつかまたコリーと暮らしてみたいと思いつつも、元気盛りの子供たちとの生活が続いていく。そんな中でもドッグ・ショーに足を運んだり、犬雑誌を眺めてみたりと、犬のことを忘れることはなかった。

やがてお子さんが小学生になった頃、犬を飼えるチャンスが巡ってきた。あるコリーのブリーダーから、知り合いのところでいい子犬が産まれていると連絡があったのだ。早速、さちさんはお子さん2人を連れて、車を2時間走らせた。

「前のコリーの毛色がトライだったので、今度はセーブルがいいなと思っていたんですが、行ってみたらもうトライの子犬しか残ってなくて。それが偶然というか、前に飼っていたコリーにそっくりだったんです」

こうして、子犬は“ゆきちゃん”と名付けられ、さちさんご家族の仲間入りをした。

img_0176
先代のコリーとそっくりな“ゆきちゃん”(ラフ・コリー、女の子、10歳)/©S&Y

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

動物も助けて!動物にも緊急医療措置を施すことを許可する法案可決 (5.25)

  • ニュース

足裏の濡れ移り防止を追求して開発したペットシーツ登場 (5.24)

  • ニュース

神様が贈ってくれた黒い天使【保護犬と暮らす】 (5.24)

  • ニュース

ケルヒャージャパン、ほじょ犬の日に日本補助犬協会の施設を洗浄 (5.23)

  • ニュース

愛犬が宙に浮いた瞬間を撮影する「宙犬(そらいぬ)」イベント開催 (5.23)

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅 特別編】レジーナドッグクラブ感謝祭2017に行ってきたよ (5.23)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(6) (5.22)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (5.21)

もっと見る

注目のグッズ

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

おくだけで簡単取り付け!わんこの転倒防止に役立つ階段マット

しっぽふりふりダンスがかわいい!手漉き和紙の仔猫ちゃん壁掛け時計

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る