TOP>ニュース > 大爆笑パフォーマンスから超豪華ライブまで!映画『SING/シング』ジャパンプレミア詳細レポート

  • ニュース

大爆笑パフォーマンスから超豪華ライブまで!映画『SING/シング』ジャパンプレミア詳細レポート

映画『SING/シング』のジャパンプレミア開催!

3月17日に公開となる映画『SING/シング』のジャパンプレミアが先日、東京国際フォーラムで行なわれました。日本語吹き替え版の声を担当した主人公バスター・ムーン役の内村光良さんをはじめ、大地真央さんや大橋卓弥さん(スキマスイッチ)、斎藤司さん(トレンディエンジェル)といった超豪華なキャストも登場したジャパンプレミアの様子をレポートします!

レッドカーペットに、主人公バスター・ムーン役を演じた内村光良さんをはじめとした日本語吹き替え版キャストが登場。サインに応じたり、一緒に写真を撮ったりとファンサービスにも応じる気さくなキャスト陣の姿にレッドカーペット前に集まった観客も大喜び。

レッドカーペットの先には、映画の舞台となるムーン劇場の正面玄関を忠実に再現したセットが。主人公のバスター・ムーン(コアラ)役の内村光良さんのもと、大地真央さん、大橋卓弥さん(スキマスイッチ)、斎藤司さん(トレンディエンジェル)、宮野真守さん、木村昴さん、重本ことりさん、佐倉綾音さん、河口恭吾さん、本作の日本版楽曲のプロデュースを務めた蔦谷好位置さん、本作の音楽責任者であるユニバーサル・ピクチャーズ フィルム・ミュージック&パブリッシング部門社長のマイク・ノブロックさんらが登壇しました。

愛する劇場を再生するために奮闘する主人公・コアラのバスター・ムーン役を演じた内村さんは、「ハリウッド映画ってのは、資本がいっぱいあってすごいですね! 今、レッドカーペットをフワフワした気持ちで歩いてきたのですが、今日はこのふわふわした感じを、めいっぱい楽しみたいと思います」とコメントし、会場を沸かせました。

内村さん演じるバスターは、劇中の落ち込むような場面で、『どん底まで落ちたら、上がるだけ!』と動物たちの背中を押す姿が印象的。そのバスターの言葉にかけてMCから『これまで人生で最もどん底だった時と、そこからどのように這い上がったのか?』という質問が投げかけられました。

蔦谷好位置さん(日本版楽曲をプロデュース)「26歳の時にバンドを解散して、仕事がなくなり、貯金残高が2000円のときがありました。ずっとパンの耳を食べて生活しながら、2年くらい曲を作り続けていたときに、あるコンペに誘ってもらったんです。それまでは、ずっと門前払いだったのに、『10年待っていた曲です』と言ってもらえたのがYUKIさんがそののち、歌ってくれた『JOY』という曲でした。それが転機で今、こんなレッドカーペットの上に立たせてもらっている。人生って、本当に何があるかわかんないですね。今も耳のあるパンは大好きです(笑)」

河口恭吾さん(オーディションに参加するキリンのダニエル役)「ヒット曲が出るまでは、当時、お世話になっていた事務所の経営するお寿司屋さんでほかの新人と一緒にアルバイトをしていました。真冬の雪の降る日にスーパーカブ(原付バイク)にチェーンを巻いて乗っていたんですが、タイヤをすべらせながらガチの出前をしていて、凍えるほど寒かったことが今でも忘れられない思い出。10年ぐらいはトラウマでお寿司が食べれなかったほどです(笑)」

佐倉綾音さん(オーディションに参加するウサギ役)「10代後半から声優のお仕事を始めていたのですが、全く声が出なくなったことがありまして、声が武器の声優としてどん底の日々でした。その時期は、声優をやめても潰しがきくように資格を取りながら生活していました。その後、1~2年かけて声が戻ってきて、今も声優として活動しています」

重本ことりさん(オーディションに参加するウサギ役)「私は生放送で転んでしまったこと(笑)。穴があったら入りたいくらいだったんですけど、しっかりその場で立ち上がりました!」

内村光良さん「可愛いどん底だなー(笑)」

木村昴さん(カエルのリッキー役)「父親がドイツ人で、ドイツで育って、7歳の時に日本へ来たんですけど、母親が私をまさかの公立の小学校に入れたんです。日本語が全く分からないので友達と話すこともできず、どん底な日々でした。けれど、友達をいっぱい作る中で、徐々に日本語を覚え、今では日本語を使ってお仕事をさせていただいていることがなによりうれしいです」

内村光良さん「13歳から(ドラえもんの)ジャイアンの声をやってらっしゃるってことを先ほどお伺いして衝撃でした」

木村昴さん「そうなんです。ジャイアンが日本語を教えてくれたようなものです(笑)」

 

宮野真守さん(バスターの良き理解者で親友のヒツジのエディ役)「子役時代は辛いこともたくさんありました。エキストラのお仕事もさせていただいていて、砂利道をはだしで走ったり、朝、集合して待たされたあげく、何も仕事をさせていただけないまま解散になったりと、子供ながらに辛さを噛みしめてました。18歳で声優のお仕事を頂いたことから世界が広がったんです。その時に辛くても続けていてよかったなと思いました」

斎藤司さん(トレンディエンジェル/歌って踊れるハイテンションなムードメーカーブタのグンター役)「僕はこう見えて実は人見知りなんです。友達がいなくて、高校を直行直帰していたのは学校で唯一、僕だけだと思います。自分から話しかけなくてもいいようにみんなから話しかけてもらえる芸能人になろうと思って、芸人で成功したので良かったと思っています。ありがとうございます!」

大橋卓弥さん(スキマスイッチ/歌手の夢を捨てきれないギャング一家の息子ゴリラのジョニー役)「僕は18歳で愛知県から上京しましたが、6年間は全く仕事がなかったんです。僕の場合はインスタントラーメンを4分割して食べていました。ライブには原付バイクで移動していたのですが、冬、道が凍結していてスリップしたときにギターが真っ二つに割れて、僕自身も道に投げ飛ばされたときに、道路に大の字に横になりながら、今がどん底だと、実感したのを覚えています」

大地真央さん(バスターの憧れの歌手ヒツジのナナ役)「どん底ではないんですが、失敗談ならたくさんあります。宝塚時代、初めて銀橋を渡らせていただけるというのに歌詞が全部飛んでめちゃくちゃな作詞を即興で作って歌ったりとか、袴のときは片方に両足を入れて出てしまったりとか、靴をオーケストラブースに落としてしまったりとか、挙げるときりがありません。そんな失敗をしたときはあえて気がめいるような曲を聴いてどん底まで落ち込むんです。そうすると『あとはあがっていくだけ』と思えるんですよね。そうやって気持ちを切り替えています」

内村光良さん『お笑いスター誕生!!』という番組でチャンピオンになったのですが、勝ち取った番組も打ちきりになりまして、営業の日々が始まったんです。その最中、とある商店街のお店の前で南原(清隆)とひとつのビールケースに一緒に立ってネタをしなければいけなかったときはどん底だと思いましたね。その後、路地裏に連れて行かれてまたビールケースの上に立って子供たちとじゃんけん大会をしたんですが、それをしながら『もう俺たちは、このまま消えていくんだろうな』と確信しました(笑)」

ここで、以前行なわれた記者発表会で、今作の出演でハリウッドデビューに一歩近づけた、と語った斎藤さんが、ユニバーサルの音楽部門のトップのマイク・ノブロックさんにガチコンテストを直談判するという予想外の出来事が!

斎藤司さん「今日はマイクに会えるということで緊張して朝から眠れなくて……」

内村光良さん「朝から眠れないって、それ、普通じゃない?(笑)」

斎藤司さん「そうですね、夜はちゃんと眠りました。映画も夢を掴んで羽ばたいていく動物たちの物語ですし、この機会なのでマイクにぜひ僕の歌を聴いてほしくて……。Give me a chance?」

マイク・ノブロックさん「Yes! You should show me!(是非見せてよ!)」

内村光良さん「すげえな、ハリウッド、やっぱりでけえな(笑)!」

斎藤さんはMCに自信のほどを問われると、「あるに決まってんだろ!斎藤さんだぞ!」とキメポーズで答え、掛け声とともにミュージックがスタート!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(1) (3.24)

  • ニュース

開放感が魅力の好評企画「六甲山のドッグラン」開催! (3.24)

  • ニュース

警察署前に捨てられた子犬、今ではInstagramの人気者!【保護犬と暮らす】 (3.24)

  • ニュース

蓋を開けたらすごかった!映画『SING/シング』歴代イルミネーション作品史上最高を記録 (3.23)

  • ニュース

ペットの総合情報サイト「PETomorrow(ペットゥモロー)」編集者募集 (3.23)

  • ニュース

人気雑貨店フライングタイガーからペット用の傘が新登場 (3.22)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(8) (3.21)

  • ニュース

体への負担を軽減するペットベッドをユニ・チャームと東洋紡が共同開発 (3.21)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る