TOP>ニュース > 「地域で取り組みたい高齢者とペットの問題」を考える

  • ニュース

「地域で取り組みたい高齢者とペットの問題」を考える

「地域で取り組みたい高齢者とペットの問題」を考える

「高齢化」という言葉をあちこちで目にするようになった現代。日本の総人口1億2,690万3,000人のうち65歳以上の人は3,454万4,000人で、その割合は27.2%だそうだ(平成28年9月1日現在:確定値/総務省統計局ホームページより)。

今後は益々高齢化が進むだろうと考えられており、これまで65歳以上を高齢者としてきたくくりも、もう少し年齢を上げてもいいのではないかという意見も聞かれる中、忘れてはならないものの1つが高齢者とペットの問題である。

高齢化の現状や、高齢者とペットとの関係などについては以前の記事『“高齢者にとってのペットとは?”公開シンポジウムレポート』(http://petomorrow.jp/news_dog/18911) 『ペットを飼いたい高齢者とそれを支援するペット飼育支援活動』(http://petomorrow.jp/news_dog/18999) をご覧いただくとして、今回は、去る2月19日に埼玉県朝霞市において開催されたセミナー『地域でサポート 高齢者とペット』(主催:動物との共生社会を目指す会Vest. 後援:朝霞でいきいきネットワーク/介護予防)での様子をご報告したいと思う。


セミナーには若者からシニア世代まで幅広い層の人が参加。一般の人はもちろん、動物愛護活動をしている人や市役所職員、市議会議員なども参加していた/©Pmoon

講師を務めたのはケアマネジャーであり、動物関連の活動も行っている倉田美幸さん。仕事や活動での実体験を交えた高齢者ペット飼育支援に取り組む際のヒントになるような話となる。

高齢者がペットと暮らすことで得られる効果としては、生活にハリが出る、閉じこもり防止になる、リハビリにもなり健康維持につながる、などが挙げられるが、何より規則正しい時間サイクルで生活できることはとても大事だと倉田さんはおっしゃる。

その一方で問題やトラブルになるケースというのも実際にはあるわけで、それを無視することはできない。たとえば、
・ 飼い主である高齢者が亡くなったことでペットだけが残される。
・病気や入院によって飼育が困難になる。
・逆にペットが気になり、通院や入院、施設への入居を拒むことで高齢者自身の健康に問題が出ることがある。
・身体および認知機能の低下によってペットの世話が十分にできなくなり、その結果近隣トラブルに発展する。
・ペットへの依存心が強まり、周囲との接触が希薄となって、ペット飼育効果とは裏腹に孤立化する。
など

これらの中で、ペットがいるにもかかわらず孤立化してしまうケースというのは意外に多いそうだ。


「高齢者に関わる時には、ただペットのことだけではなく、飼い主さんの健康状態はどうかということも含めて、包括的に考えていただきたいです」倉田美幸さん/©Pmoon

そもそも高齢者がペットを飼育し始めるきっかけはどの辺にあるのだろうか? それには主に以下のようなものがある。
・ 可愛らしさに惹かれ、ペットショップで購入する。
・知人から譲り受ける。
・子や孫が飼っていたペットを譲り受ける、引き取る。
・迷い犬を保護し、そのまま飼ってしまう。
・野良猫が棲みつき、食べ物を与えているうちになんとなく飼ってしまう。

ペットと暮らす人約4,000人を対象とした飼育意識調査では、「今後新たにペットを迎えたいですか?」という質問に対して、70代の人でも「ぜひ飼いたい」「できるなら飼いたい」を合わせると12.8%となっており、60代の人では27.1%となっている(特定非営利活動法人動物愛護社会化推進協会調べ、2015年)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の検尿。どのように採取すればいい? (6.20)

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

  • ニュース

世界一レアな犬?世界に350匹しかいない『チェスキー・テリア』 (6.13)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る