TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】メルセデスベンツVクラス

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】メルセデスベンツVクラス

今月のドッグフレンドリー・カー メルセデスベンツVクラス

メルセデスベンツ唯一の3列シート、7人乗りの両側スライドドアを備えたミニバンがVクラス。最新モデルは2.2Lディーゼルエンジンのみで勝負する、商用車ベースの威風堂々たる多人数乗用車です。

そのVクラスには標準ボディー、ロング、エクストラロングがあり、一般的な愛犬家にとって適切なのは標準かロング。それぞれ全幅1930mm、全高1880mm、ホイールベース3200mmは同一ながら、全長は4905mm、5150mmの違いがあります。

ホイールベースが同じだから、いったいどこが長くなっているかと言えば、1-3列目席のキャビン部分は同一。ラゲッジの奥行きの違いがすべて。具体的には前後スライドする2/3列目席の3列目最後端位置だと標準ボディーは340mm、ロングは510mm。標準ボディーでも3列目席を最前端位置にスライドさせるとラゲッジ奥行きは1000mmに達し、幅方向も1215mmもあるため、天井高1200~1300mmの高さもあって、大型クレートの設置も楽々可能です。

人間中心の乗車、最大6名程度の乗車が主なら標準車。フル乗車、ラゲッジに荷物を満載し、愛犬を乗せてドライブする機会もある使い方ならロングを選ぶのが正解でしょう。

Vクラスのドッグフレンドリーポイントはまず犬の乗降性。スライドドア部分のステップは地上380mmとごく低い高さにあり、フロアはそこから115mm高い495mmにある。中型犬でもステップに足をかけやすく、乗降は容易。一方、ラゲッジ側は開口部地上高が例えばメルセデスベンツC/Eクラスステーションワゴンより100mmほど低い530mmとかなり低め。開口部に段差なく、大型犬、ジャンプ力のある中小型犬ならジャンプして乗り降りしやすい高さです。

2列目席はセパレートシート限定だから、乗車できるのは小型犬のみ。中大型犬は3列目席、拡大したラゲッジ部分、2列目席を最後端位置にセットしたときの2列目席足元フロアなどが乗車場所。中大型犬を3列目席に乗せる場合、2列目席前倒しウォークインによって乗降幅は最大450mmもあるから快適に乗り降りさせられます。ただし、2列目席セパレートシート間のすき間(ウォークスルー幅)は約80mm。横並び状態だと中大型犬が通れる幅はありません。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

  • ニュース

世界一レアな犬?世界に350匹しかいない『チェスキー・テリア』 (6.13)

  • ニュース

保護犬と暮らす障害者グループホーム『わおん』が開設 (6.12)

  • ニュース

笑いと癒しで憂鬱な月曜日を乗り切ろう!わんことにゃんこの爆笑画像60選 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る