TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】『愛犬と旅する幸せ』(5)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】『愛犬と旅する幸せ』(5)

第六章 『愛犬と旅する幸せ』(5)

3.老齢期

生涯、旅好き、ドライブ好き、クルマ好きだったナナにとって最後のドライブ旅行は2004年12月15日から16日、わんわんミシュランの覆面調査旅行でした。大型犬の10歳5カ月といえばもうおばあちゃん。人間に例えるなら75歳ぐらいでしょう。とはいえ、犬はたとえ老犬になっても家族とのドライブが大好きです。1日中、ずーっといっしょにいられることは犬にとってなによりもの幸せなんですから。

その日、ナナは朝からこれまでもそうだったように、ソワソワ落ち着きません。目をキラキラさせ、玄関をグルグル回り、置いてある荷物をクンクン嗅いでいました。今日は楽しいドライブ旅行に出掛ける・・・それぐらい犬の勘で百も承知なのです。さすが、”旅するゴールデンレトリーバー”だ。


ナナにとって最後になったドライブ旅行。出掛けるのが大好きなナナは朝から興奮気味。自分でさっさと荷室に乗り込み、出発を待っていました。でも、これが最後だなんて、ボクもナナも想像もしていませんでしたけど・・・。

クルマは当時のスバル・レガシイ・ツーリングワゴン。荷室が広くスクエアで、乗り降りしやすく、ナナが大好きだった1台です。

このころ、ナナは糖尿病を患ってはいましたが、オシッコが近いぐらいでまだまだ元気。「生涯、わんわんミシュランの調査をがんばるワン」って感じでした。ただ、若いころと同じようにはいきません。スローライフって言葉がありますけど、体調に気遣いつつ、ゆったりとしたスケジュールを組んであげる必要があるのです。

そこで自宅から1時間半ほどの距離にあるペットフレンドリーと評判のホテルを調査対象として選択しました。比較的近距離で、ドライブ途中にお散歩休憩できるスポット(SA/PAなど)があり、クネクネした山道を通らずアクセスできるという、ナナにとってストレス最小限の条件のすべてをクリア。季節は秋から春にかけて。夏のドライブは老犬にとってはもはやNGです(仔犬だってそうだと思います)。人間もそうであるように、暑さで体力を消耗しますからね。

宿選びで決め手となったのは館内がバリアフリーであることでした。客室は2階でしたがエレベーターがあり、階段などを一切使わず、エントランスから客室へ、レストラン、ドッグランへと移動できたのです。


夕食時、ナナは大好物のラムチョップに興味津々。クンクンしてます。もちろん、味付けされているので、あげられませんけどね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • ニュース

ペットの好きな仕草ランキング、1位は「寝ている姿」 (10.20)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数 (10.19)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (10.19)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る