TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】スズキソリオHV

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】スズキソリオHV

今月のドッグフレンドリー・カー スズキソリオHV

 

ソリオHVスタイル
最新のソリオHV

コンパクトカーにして両側スライドドアを備え、後席広々、多彩なシートアレンジ性を持つ、プチバン的存在がスズキ・ソリオ。

ソリオHVリヤスタイル
ブチバンと呼べるスタイリング

そんなスズキ・ソリオに2016年末、これまであったマイルドHVに加え、待望のフルHVモデルが登場しました。気になるJC08モード燃費はマイルドHVの27.8km/Lに対して、フルHVは32.0km/Lとクラストップレベルを誇ります。

もちろん、HVはモーターだけで走るEV走行も可能。時速約45~60キロ以下で約3分間、2キロまでOKとのこと。

EV走行
EV走行モードに入るとEVインジケーターが点灯

実際に走ってみると、出足のモーターアシストによる力強さ、スムーズさはマイルドHV以上。走行中の静粛性も一段と高まった印象です。犬は聴覚に優れていますから、ドライブは静かであるほど快適。ストレスもないのです。

P1080446ソリオ
写真はマイルドHV車

P1080491
新設定のHVモデル

乗り心地は乗員にも犬にも優しいゆったりマイルドなタッチが身の上ですが、実は1.2Lのエンジンの動力性能はマイルドHVと91psという数値こそ同じですが、HVはモーター出力13.6psのアドオンがあり(マイルドHVは3.1ps)、よりパワフルでスムーズに速いのです。そのぶん、アクセルをあまり踏まずに同等の加速が得られるのですから、より静かに走るというわけ。

DSCN3713ソリオ

ただし、愛犬を乗せているときはゆったりした走りが基本。ECOスイッチをONにしておけば、自然と犬も喜ぶスムーズでエコノミーな走行が可能です。

SW
愛犬を乗せるときはECOモードスイッチON

ソリオは犬の乗降性、乗車性も抜群です。両側スライドドアの開口部は地上335mmと、小型犬でも楽々飛び乗れるノンステップバス並みの低さ。開口幅は640mmとたっぷり。

スライドドア
スライドドアのステップ高は335mm

スライドドアステップ
ステップとフロアに段差なし!!

P1080555
運転席からスライドドアの開閉が可能

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • ニュース

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • ニュース

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

  • ニュース

保護犬と受刑者を救う「プリズン・ドッグ・プログラム」【刑務所で活躍する動物たち】 (2.14)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る