TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】『ワンderful LIFEとクルマの関係』(1)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】『ワンderful LIFEとクルマの関係』(1)

第五章 『ワンderful LIFEとクルマの関係』(1)

1994年夏、知り合いの家のおとなりでゴールデンレトリーバーの仔犬が8頭、生まれました。知り合いはおとなりさんからそのうちの1頭を優先順位1位で譲ってもらうことになっていたのですが、お子さんが喘息で、犬を飼うことはできないということになってしまったのです。

で、ボクのところに幸運な連絡が入りました。「ゴールデンレトリーバーを飼わないか」と。細かないきさつはともかく、そんなわけである日突然、まだ生後35日のナナがわが家にやってくることになったのです。

nana_birth
家庭犬として7月2日に生まれた、生後、間もないゴールデンレトリーバーの仔犬たち。この8頭のなかにナナもいます (右端)。

そのころ、わが家の愛車はセダンでした。まだ小さなナナはセダンの後席に乗せると、一目散に後席後ろの狭いトレイ部分に飛び乗り、外の景色がよく見えるその場所がお気に入りでした。

でも、そんな狭い場所に乗っていられたのはほんの少しの時期だけ。ゴールデンレトリーバーの仔犬って見る見るうちに、ズンズン大きくなります。たった1週間でも別物のように巨大化する。あるとき、10日間の海外出張を終え、帰ってきたときなど、家にナナじゃない大きなゴールデンレトリーバーが遊びにきている・・・と勘違いしたぐらいですから。仔犬らしかったのはほんの少しの間でした。ゴールデンレトリーバーのような大型犬を小さくぬいぐるみのようにかわいい時期に飼ったのはいいけれど、想像以上に大きくなり、あってはならない飼育放棄をする人がいるのは、そんな理由かも知れません。

nana1994.8.12
わが家にやってきたばかりの8月12日撮影。生後、約45日のナナ。まだ、小学生が抱えられる大きさの仔犬です。しかし、毎日のように大きくなる・・・・・。

まぁ、ズンズン大きくなるのは成り行きですからしょうがない。いや、よりゴールデンレトリーバーらしい堂々とした体格になり、飾り毛が美しくなっていくのですから、むしろ歓迎すべきことなのです。が、困ったのはクルマに乗せるときです。当時は4人家族でしたけど、後席はナナが占領。横になるとシート幅いっぱいですから。なんとか後席に小学生1人+ナナを詰め込んでも、長距離ドライブだとつらいものがありました。

nana1994.10
生後、数カ月のナナ。仔犬と成犬の狭間。この頃は全体的なバランスがとれていないのが特徴。でも、ズンズン大きくなる。すでにクルマが大好き!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る