TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】『不思議な力』(1)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】『不思議な力』(1)

第四章 『不思議な力』(1)

わが家では、迷い犬や里親を探している犬の一時預かりをすることがあります。

ある日、放浪していた犬を連れ帰り、犬のお友達に聞き回ったり、保健所に連絡してはみたものの、飼い主につながる情報は得られませんでした。そこでしばらく面倒をみて、少しでも社会性を身につけさせ、犬が落ち着きを取り戻したころ、街の情報誌の「犬の里親募集」のコーナーに掲載してみたのです。すると、里親としてその犬をかわいがってくれる、とても優しい飼い主に巡り合うことができました。

わが家から引き取られていくとき、ちょっと寂しかったですけど・・・・・そんなもんです。

迷い犬だったハスキーは飼い主の元に無事帰り、ビーグルは若い夫婦に引き取られ、あるゴールデンレトリーバーはわが家が保護してから3週間を経過し、それならと里親も決まったころに、超高級スポーツカーに乗る若い男性が飼い主であることが判明 (犬がいなくなってしばらくしてから保健所に問い合わせたそうです) 。けれども、彼は愛犬をかわいがってくれるなら・・・とそのまま譲ってくれたのです。

最近ではマリアを保護してくれた東京のボランティアからの預かり犬、ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーがわが家を経由し、里親が見つかり、今ではその多くが幸せに暮らしています。ある友人は、「あなたの所を経由するとかわいそうな犬達も不思議とみんな幸せになれるわね・・・」と言ってくれました。最高の褒め言葉じゃないですか。

ある8歳のゴールデンレトリーバーは何回も里親面接をしたのですが、しかし高齢犬ということもあってそうは簡単に決まりません。そりゃそうです。ただ、高齢だから、という理由だけでもないんです。

不思議なことに犬は、気に入らない里親希望の相手(人間)に対しては、わざと嫌がられるようなそぶりを見せるような気がします。

そばで観察していると、「この人の家には行きたくないワン」という感じです。目がボクたちにそう訴えています。

そういうときはまず縁がない。その都度、東京のボランティアのOさんは「必ずいい縁があるからガッカリしないで・・・」と言ってくれます。そしてそれは現実となり、高齢であるにもかかわらず、愛情深い飼い主に、無事、巡り合うことができたのです。

maria_abie08-10-thumb-640x480-1973
マリア(左) と 8歳のゴールデンレトリーバーのアヴィ。 ほんの少しの期間、いっしょにいました。アヴィ は控えめな子で、一時預かりの身であることを分かっていたのか、決してマリアの前に立たず、夜は最後まで玄関で寝ていました。

しかし、もっと劇的な運命をたどる犬もいます。レモンというとても可愛いゴールデンレトリーバー(4歳♀/当時)です。出身はマリアと同じ、鹿児島の崩壊した繁殖場。鹿児島のボランティアが発信していたブログのトップページを飾っていた1頭でした。

数年前、同じゴールデンレトリーバーのナナを亡くしていることもあって、カミサンはその悲壮な姿が目に焼きつき心に残り、毎日ブログを見ては涙を流していたそうです。

そんな想いが通じたのか、偶然にも別の犬の件で連絡した東京のボランティアのOさんがレモンを保護していました。そしてカミサンはぜひ、レモンの里親になりたいと申し出たのです。

実はその時、ボクはイタリアに出張中でした。

携帯電話に「ゴールデンレトリーバーの里親になりたいんだけど、承諾してもらえる」とのメールが入りました。

返信は「もちろん」。

そしてカミサンから送られてきた「もちろん」の返信はいまでもボクの携帯電話のメール受信ボックスに残っています。短い文章の中に、カミサンの想いが凝縮されていて、なんか消すに消せないでいるんですよ。

タイトル「感謝の心をこめて」
本文「承諾してくれてありがとう。嬉しいです。とってもいい子でした。小柄ですが、ナナによく似ています」—END—

ボクはまだイタリアに到着したばかりだというのに、レモンというゴールデンレトリーバーに会いたくて、一日も早く、日本に帰りたくなったものでした。

italia070908-thumb-400x499-1989
いきなり、こんな写真ですいません。イタリア出張は 『F1 イタリア グランプリ』の取材。マリアのパパはそーゆー仕事もするんです。ミラノに泊まり、買い物&イタ飯三昧・・・じゃなかった、ホテルとモンッア・サーキットの往復の3泊5日。ちなみにこの写真、マシン、ヘルメットは06年~08年参戦のホンダF1レーシングチームの佐藤琢磨選手のものですが、顔だけボク。サーキットでサービスしてくれた合成写真ですね。ホンダF1 懐かしい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

中部最大級わんこのイベント「わんだらけ」第2回が開催決定! (5.26)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(7) (5.26)

  • ニュース

ペットの総合情報サイト「PETomorrow(ペットゥモロー)」編集者募集 (5.26)

  • ニュース

気持ちが伝わる効果的な犬のほめ方とは?【ドッグトレーニング】 (5.25)

  • ニュース

動物も助けて!動物にも緊急医療措置を施すことを許可する法案可決 (5.25)

  • ニュース

足裏の濡れ移り防止を追求して開発したペットシーツ登場 (5.24)

  • ニュース

神様が贈ってくれた黒い天使【保護犬と暮らす】 (5.24)

  • ニュース

ケルヒャージャパン、ほじょ犬の日に日本補助犬協会の施設を洗浄 (5.23)

もっと見る

注目のグッズ

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る