TOP>ニュース > ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】

  • ニュース

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】

保護犬と暮らす

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー

12_3

人であっても犬であっても恵まれた環境で生活できるものもいれば、そうでないものもいる。同じ命であるはずなのに、どうしてそんな“格差”が生まれてしまうのだろう。

3年半前のこと、Dさんは時々車である場所を通る度に、気になるものを目にしていた。料理店の敷地内一角に積み上げられたゴミの山の横に犬がいる。フェンスの角に屋根代わりの板を渡してあるだけで犬小屋らしきものもない。その犬の横にはクーラーの室外機があり、「真夏にはそうとう暑いだろうに…熱中症になりはしないか…」と心配で、Dさんは車を停めて、「お前、大丈夫?」と犬に話しかけることもあった。そんなDさんに、犬は目を三角にし、怖そうな形相で吠えついてくる。

それでも営業時間だけ犬を連れてきて、仕事が済めば自宅に連れて帰っているのだろうとDさんは思っていた。ところが、それからしばらくして、雨が降りしきる夜間に同じ場所を通りかかったDさんは、真っ暗な中、びしょ濡れになってただ立ち尽くしている犬の姿を見つけた。犬はずっとここに置かれていたのだ。板を渡したくらいでは、雨を凌ぐこともできない。地面もびしょ濡れで、寝る場所さえなかったのだろう。

その様子にたまらず、Dさんは帰宅した後、ご主人と息子さんに相談した。Dさんのご家族は、大の動物好き一家である。話を知った息子さんは、早速翌日そのお店まで行き、犬のことを尋ねた。それによると、子犬の頃はオーナーが室内で可愛がっていたということだが、その後に結婚した奥さんは動物が苦手で、結局外に出されることになったと。食器代わりの洗面器にフードは入れられていたものの、散歩はたまにだったらしい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

  • ニュース

DV被害から避難する場合、ペットも一緒に避難できるのか? (11.17)

  • ニュース

犬ゲノムを調べてわかった驚くべき犬種の親戚関係 (11.16)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.16)

  • ニュース

ペットの健康と防災を考えるセミナー「blue college」が開催! (11.16)

  • ニュース

“犬の吠え声”騒音訴訟で声帯手術命令 (11.16)

  • ニュース

愛犬がトイレまでついてくるのはなぜ? それは家族としての愛情表現かも。 (11.15)

  • ニュース

どれだけ知ってる?今だから知っておきたい忠犬ハチ公 (11.15)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る