TOP>ニュース > 動物病院でのペットのストレスを軽減する方法

  • ニュース

動物病院でのペットのストレスを軽減する方法

動物病院で感じるペットたちのストレスについて」に引き続き、動物病院での犬(ペット)のストレスを少しでも軽減するには?ということについて考えてみたいと思う。

余談ながら、以前、動物病院でキャリーから愛猫を出そうとするものの、相当な抵抗に遭い、激しく爪で引っ掻かれて血だらけになっていた人を見かけたことがある。結局その人は自分の傷の治療をするために、そのまま帰って行った。その猫にとっては、はたしてそれでよかったのだろうか?と今も考えることがある。

49902543d680d1248eda5b1591023196_s
犬や猫にとって、動物病院でのストレスをより少なくするには、普段のしつけやトレーニングも大事。

動物病院でのストレスをなくすというのは無理だろうが、少なくとも軽減することができれば、犬(ペット)にとっても、飼い主にとっても、医療スタッフにおいても、より“楽”となれることは間違いないだろう。

そのために努力できることというのはいくつかある。

1:体のどこを触っても大丈夫なように慣らしておく

度々言われることではあるが、子犬の頃から体のどこを触っても大丈夫なように慣らしておくことは、普段のグルーミングやしつけのみならず、動物病院での診察の際にも役に立つ。

特に、生後3週齢~3ヶ月齢くらいまでの間は社会化の最適期であることから、人間の手はもちろん、口(口を開けることを含め)や耳、足先、お腹、シッポなど、あらゆるところを触れるようにしておきたいものだ。

たとえば口であるなら、最初は指先で唇を少し撫でるみる ⇒ 指先で唇をめくってみる ⇒ 歯を撫でてみる ⇒ 口を少し開けさせる、というふうに少しずつ段階を踏みながら慣らすのがベストである。

2:グルーミングに慣れさせる

体のどこでも触れるようになれば、グルーミングもより楽にできるようになるだろう。犬や猫がもっとも嫌がるのは耳そうじや爪切り、歯磨きではないだろうか。

耳そうじの場合、綿棒を使うと耳垢を逆に奥まで押し込んでしまうことがあるので注意が必要だ。ガーゼや綿にイヤークリーナーを付けて、耳奥の手間から耳の縁までを優しく拭き取るようにする。本来、耳垢には殺菌作用や皮膚を保護する役目もあり、また、強くこすると皮膚を傷めるばかりでなく、それこそ耳そうじ嫌いになってしまうので、やり過ぎにはご注意を。

爪切りが嫌いな場合、足先に触られることに慣れていない、以前爪切りで痛い思いをしたなど理由はいくつか考えられる。爪切りの持ち方が不安定で、爪をカットする際に余計な振動や力が加わって嫌がるという場合もあり得るので、爪切りの刃が爪に対してなるべくぶれないように握り方に気をつけるというのも1つのポイントかもしれない。

歯磨きを嫌がる場合には、いきなり歯ブラシを使って磨くのではなく、少しずつ慣れさせるということはもちろんだが、歯ブラシが大き過ぎる、硬過ぎる、磨き方が強過ぎる、歯や口の中に何か問題があるというようなことが原因であることもあるので、一度チェックしてみるといいだろう。

参考までに、耳そうじに慣らすため、おやつを用いた以下のトレーニング動画では、イヤークリーナーに慣らすだけでもかなり時間をかけている(英語)。

3:グルーミングや薬を飲ませるなどのケアの際、嫌がる場合には叱らない

『動物病院でのペットのストレス–1』の記事でご紹介した調査では、何らかのケアをする際に犬が嫌がった時には叱り、とにかくケアをするという飼い主が7割以上いたが、そうした時に叱るということと獣医師に対する犬の攻撃的態度とは関連性が認められるという話であった。

嫌がるものを叱られれば、より嫌いになるのは人間でも同じこと。犬(ペット)のためにと思いつつ、叱りながらのケアでは結果的にストレスを強めてしまっていると言える。

調査をした研究者らは、犬(ペット)がケアを嫌がったとしても、叱らないことを勧めている。

4:キャリーや車を使用して移動するなら、心地よいものにする

動物病院に行く際に、キャリーや車を使用している場合、動物病院に行く時のみにしか使わないというのであれば、キャリー・車=動物病院と結びついてしまい、キャリーに入ること、車に乗ること自体に抵抗を示すようになっても仕方ない。

キャリーは普段から寝場所であり、安心できる場所として慣らしておく他、車の場合は着いた先で散歩する、遊ぶなどして楽しいことと結びつけておくのがいいだろう。

キャリーから出るのを嫌がるコの場合は(特に猫)、扉が横に付いているものでは自分から出てこない限りは引っ張り出すことになり、引っ掻かれたり、咬みつかれたりということもあるので、扉が上部に付いている、または上部が取り外せるタイプのほうがいいかもしれない。

5:ペットにフレンドリーな動物病院を探す

前出の調査によると、患者である「犬に話しかける」「犬を撫でる」というようなことをする獣医師としない獣医師とでは、しない獣医師のほうがより犬がストレスを受ける傾向にあるということなので、動物病院の設備や清潔度、技術、診療料金の明確さ、わかりやすく診療内容を説明してくるかといったようなポイントの他に、獣医師やスタッフの動物に対する態度、接し方というのは動物病院を選ぶ際の重要なポイントになる。

それを知るには、動物病院が許可をしてくれるのであれば見学をするのもいいだろうし、犬友達や知り合いからの口コミというのも情報源になる。

ちなみに、猫では「キャット・フレンドリー・クリニック(通称CFC)」という猫に優しい診療基準を満たした動物病院というのが存在する。これはイギリスのInternational Society of Feline Medicine(通称ISFM)という猫の団体が設けている国際的な診療基準であり、近年、日本国内にも導入されている。ISFNの公認パートナーであるJapanese Society of Feline Medicine(通称JSFM)のホームページでは、そのCFCを取得している全国の動物病院がリスト化されているので、猫に優しい動物病院を探している人はチェックしてみるのもいいのではないだろうか。

6:動物病院の中でおやつを与えて、極力よい経験と結びつける

動物病院をなるべく心地よい場所としてとらえることができるように、待合室やちょっとした診察の合間などにおやつを与えてトレーニングすることを推奨する意見もある。

この場合のおやつは、犬や猫にとってとびきり美味しい、大好物なものであることが望ましい。

↓こちらはクリッカーとおやつを用いて動物病院や診察行為に慣らしていくための参考動画(英語)。

 

動物病院に限らず、ストレスは不安症とも関係する部分がある。以前、フィンランドのヘルシンキ大学において、人や他の犬、初めての物事などに対する恐怖症・音響過敏症・分離不安をもつ犬の環境因子について調査したところ、社会化不足や、母犬から受けた世話の密度が低いなどの他に、毎日の運動量が少ないという注目すべき因子も見いだされたそうだ。

ストレスを感じやすい犬では、十分な運動をさせてあげるということも、もしかしたら有効なのかもしれない。

いずれにしても犬(ペット)と暮らす以上、動物病院とはずっとおつきあいが続く。犬にとってもよりストレスの少ない、信頼できる動物病院と出会いたいものである。

参考資料:
Early Life Experiences and Exercise Associate with Canine Anxieties/Katriina Tiira, Hannes Lohi(2015)/PLoS ONE 10(11): e0141907. doi : 10.1371 / journal.pone. 0141907

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

  • ニュース

DV被害から避難する場合、ペットも一緒に避難できるのか? (11.17)

  • ニュース

犬ゲノムを調べてわかった驚くべき犬種の親戚関係 (11.16)

  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.16)

  • ニュース

ペットの健康と防災を考えるセミナー「blue college」が開催! (11.16)

  • ニュース

“犬の吠え声”騒音訴訟で声帯手術命令 (11.16)

  • ニュース

愛犬がトイレまでついてくるのはなぜ? それは家族としての愛情表現かも。 (11.15)

  • ニュース

どれだけ知ってる?今だから知っておきたい忠犬ハチ公 (11.15)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る