TOP>ニュース > 安全性と快適性をハイレベルでクリア!使い方が選べる4wayタイプのペットキャリー

  • ニュース

安全性と快適性をハイレベルでクリア!使い方が選べる4wayタイプのペットキャリー

M12509111

皆さん、ペットとの電車での移動や、人が多い場所へのお出かけに苦労したことありますよね?今回、ご紹介する「ブロッサムキャリーリュック」は、三神が考える、ペットとの移動での2大重要ポイント「安全性」と「快適性」をハイレベルにクリアした楽々移動アイテムなんです!

まず、最大の特徴からご紹介。この「ブロッサムキャリーリュック」はなんと4way!場所・状況に合わせて持ち方を変えることができて、とっても便利なんです。

1.リュックとして
M12509111_1

2.キャリーとして
M12509111_2

3.ショルダーバッグとして
M12509111_3

4.手持ちスタイルも!
M12509111_4

場所とシーンによって持ち方を変えることで、ペットも飼い主も「快適性」を維持できるんです。もちろん、鞄の細部の仕様もこだわっています。

M12509111_5
前面は開閉自在のブラインドが。ワンちゃんも外の景色が楽しめます。こういうワンちゃんへの配慮が大事なんです!

M12509111_6
背中部分には衝撃を吸収するメッシュクッション付きで背中の負担を軽減。こういう飼い主への配慮もウェルカムです!

M12509111_7
胸元には両サイトのベルトを固定する調節可能なベルトがあるので肩からのずれ落ちの心配もありません。

M12509111_8
車輪は2輪設置されており8kgまでなら片手で楽々と移動が可能。ハンドルには10度の角度をつける”遊び”の機能があり、鞄が倒れにくくなっています。つまりワンちゃんも「安心」してお出かけができます。

M12509111_9
黄色いラインが垂直ラインです。この10%の遊びにより、キャリーバーを倒しても、ワンちゃんの姿勢を水平に近く保てます。

ワンちゃんにも、飼い主さんにも、細かい配慮が行き届いた「ブロッサムキャリーリュック」いかがでしたか?移動が楽々だと、お出かけの機会も増やすことが出来ますから、お外が好きなワンちゃんは、きっと大喜びですね!この鞄と共に、ワンちゃんといろんな場所に出かけて、素敵な思い出作ってくださいね。

文/三神 大

商品概要

◆商品:ブロッサムリュックキャリー
◆価格:1万7820円
◆サイズ:縦40×横39×マチ幅28.5cm、約3kg。内寸は縦33.5×横34.5×マチ幅23.5cm。適応体重8kgまで。
◆素材:本体はナイロン、フレームは強化プラスチック、ハンドルはスチール。中敷き、ショルダーベルト、飛び出し防止金具が付属。
◆ペットゥモローショップURL:
http://shop.petomorrow.jp/products/detail.php?product_id=17

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • ニュース

放火探知犬、有害物質探知犬、追跡犬……犬の嗅覚はどこまで貢献する? (8.19)

  • ニュース

ゆりやんレトリィバァがレトリーバーに!?「僕のワンダフル・ライフ」大爆笑イベントレポート (8.19)

  • ニュース

映画「僕のワンダフル・ライフ」高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、大塚明夫の出演決定! (8.18)

  • ニュース

広がりを見せる「動物介在プログラム」の実態 (8.18)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • ニュース

ドッグトレーナーが教える、犬のストレス対処法!【後編】 (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る