TOP>ニュース > 海外でペットと生活する人にその暮らしぶりを聞いてみました【アメリカ編】

  • ニュース

海外でペットと生活する人にその暮らしぶりを聞いてみました【アメリカ編】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

海外犬暮らし《アメリカ・カリフォルニア編》

前回の『海外犬暮らし–カナダ編–』に続いて、今回はアメリカでのお話を。

見渡す限り、高いビルは見当たらない。整然と並んだ家々の壁はオフホワイト、屋根は薄い赤レンガ色で統一され、街並みの向こうには荒涼とした小高い山が見える。さちさんが住む街はアメリカの最西部、カリフォルニアにあった。ロサンゼルスやサンフランシスコといった大都会とは違って、平野を吹き抜ける風と共にゆったりとした時が流れている、そんなどこかのどかな街である。

img_0456
その昔、幌馬車やカウボーイたちがこの地を疾駆したのだろうか。平野に整然とした家並みが続くカリフォルニアのとある街/©S&Y

さちさんはアメリカに渡り、家庭をもった後、2人の子の母となった。日本にいた学生時代には、ラフ・コリーと暮らしていたということもあって、いつかまたコリーと暮らしてみたいと思いつつも、元気盛りの子供たちとの生活が続いていく。そんな中でもドッグ・ショーに足を運んだり、犬雑誌を眺めてみたりと、犬のことを忘れることはなかった。

やがてお子さんが小学生になった頃、犬を飼えるチャンスが巡ってきた。あるコリーのブリーダーから、知り合いのところでいい子犬が産まれていると連絡があったのだ。早速、さちさんはお子さん2人を連れて、車を2時間走らせた。

「前のコリーの毛色がトライだったので、今度はセーブルがいいなと思っていたんですが、行ってみたらもうトライの子犬しか残ってなくて。それが偶然というか、前に飼っていたコリーにそっくりだったんです」

こうして、子犬は“ゆきちゃん”と名付けられ、さちさんご家族の仲間入りをした。

img_0176
先代のコリーとそっくりな“ゆきちゃん”(ラフ・コリー、女の子、10歳)/©S&Y

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る