TOP>ニュース > 海外でペットと生活する人にその暮らしぶりを聞いてみました【アメリカ編】

  • ニュース

海外でペットと生活する人にその暮らしぶりを聞いてみました【アメリカ編】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

海外犬暮らし《アメリカ・カリフォルニア編》

前回の『海外犬暮らし–カナダ編–』に続いて、今回はアメリカでのお話を。

見渡す限り、高いビルは見当たらない。整然と並んだ家々の壁はオフホワイト、屋根は薄い赤レンガ色で統一され、街並みの向こうには荒涼とした小高い山が見える。さちさんが住む街はアメリカの最西部、カリフォルニアにあった。ロサンゼルスやサンフランシスコといった大都会とは違って、平野を吹き抜ける風と共にゆったりとした時が流れている、そんなどこかのどかな街である。

img_0456
その昔、幌馬車やカウボーイたちがこの地を疾駆したのだろうか。平野に整然とした家並みが続くカリフォルニアのとある街/©S&Y

さちさんはアメリカに渡り、家庭をもった後、2人の子の母となった。日本にいた学生時代には、ラフ・コリーと暮らしていたということもあって、いつかまたコリーと暮らしてみたいと思いつつも、元気盛りの子供たちとの生活が続いていく。そんな中でもドッグ・ショーに足を運んだり、犬雑誌を眺めてみたりと、犬のことを忘れることはなかった。

やがてお子さんが小学生になった頃、犬を飼えるチャンスが巡ってきた。あるコリーのブリーダーから、知り合いのところでいい子犬が産まれていると連絡があったのだ。早速、さちさんはお子さん2人を連れて、車を2時間走らせた。

「前のコリーの毛色がトライだったので、今度はセーブルがいいなと思っていたんですが、行ってみたらもうトライの子犬しか残ってなくて。それが偶然というか、前に飼っていたコリーにそっくりだったんです」

こうして、子犬は“ゆきちゃん”と名付けられ、さちさんご家族の仲間入りをした。

img_0176
先代のコリーとそっくりな“ゆきちゃん”(ラフ・コリー、女の子、10歳)/©S&Y

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (12.11)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (12.11)

  • ニュース

動物病院の受付に灯るキャンドルのメッセージが温かい (12.11)

  • ニュース

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり (12.10)

  • ニュース

思わずうっとり…イタリアの写真家が撮影した美しい犬写真 (12.10)

  • ニュース

抱っこも嫌がる保護犬を迎え入れた話。 (12.9)

  • ニュース

寝顔。【まう助日記】 (12.9)

  • ニュース

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー (12.9)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る