TOP>ニュース > 【わんこと行くクルマ旅】マリアお薦めの箱根強羅グルメ編「カフェド マイセン」

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅】マリアお薦めの箱根強羅グルメ編「カフェド マイセン」

PETomorrow(ペットゥモロー)】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

マリアお薦めの箱根強羅グルメ編「カフェド マイセン」

4675%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3
カフェド マイセンは小さなお店

わんこと箱根、そして「レジーナリゾート箱根雲外荘」を訪れるとき、マリアたちがランチスポットとして立ち寄るお気に入りの1軒が強羅駅から1分ほどの距離にある「カフェド マイセン」。

何しろ「レジーナリゾート箱根雲外荘」のすぐとなり、坂道の手前に位置し、それこそマリアの足でトコトコ歩いて1分ちょっと。箱根はドッグフレンドリーなリゾートでもあるけれど、意外にわんこ店内OKのカフェ、レストランは多くありません。

4676%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3

でも、ここ「カフェド マイセン」は店内わんこOK。これからの季節でも寒さ知らずで食事を楽しめます。看板メニューは手作りのピザとふわふわに焼き上げたパンケーキ。今回、「レジーナリゾート箱根雲外荘」を訪れたときにいただいたのは絶品のゴルゴンゾーラピザ2000円、マルゲリータ1400円、ソーセージ盛り合わせ1600円、プロシュートサラダ1200円など。

4681%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3
プロシュートサラダ

4684%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3
ソーセージ盛り合わせ

ピザは注文を受けてから焼き上げるので少々時間はかかりますが、店内の雰囲気がいいので”マテ”も気になりません。注文はしなかったけれど、箱根ブラックピザなる真っ黒なピザもあるらしい・・・。あれっ、ゴルゴンゾーラのピザの写真がない。美味しすぎてパパが撮影するのを忘れたもよう。ダメじゃん。

トリップアドバイザーでも高評価。箱根、強羅をわんこと訪れたときには、絶対のお薦めですよ。わんこにはお水のサービスもあります!!

4678%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3
パンケーキやピザのほかにカレーもあります

4677%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3
暖かい日は窓を開放。半テラス席になります

◆カフェド マイセン
http://cafemeissen.on.omisenomikata.jp/

P1070606-SLNYH@1

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ジャーナリスト。1956年東京生まれ。雑誌編集者を経験した後、フリーのモーター&トラベルジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、ドッグライフプロデューサーとしても活動中。コンパニオンアニマルとしてのペットとのドライブ、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている。PETomorrowのほか、小学館ブックピープル、ONE BRAND、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】 (8.23)

  • ニュース

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット (8.23)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・フィット (8.23)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、「会社を休んだ人」は約10% (8.23)

  • ニュース

自分のペットがハンカチの中でかくれんぼ!オーダーメイドのフォトハンカチ (8.22)

  • ニュース

機能性に大満足! オシャレなフードボウル (8.22)

  • ニュース

「ペットとの別れ」と向き合う。フランセス・メモリアルのペット慰霊祭 (8.22)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (8.21)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る