TOP>ニュース > 【わんこと行くクルマ旅】伊豆河津 四季の蔵 前編

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅】伊豆河津 四季の蔵 前編

PETomorrow(ペットゥモロー)】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

伊豆河津 四季の蔵 前編

image001
ホテル四季の蔵

マリアはよく犬友達やその飼い主さんに「愛犬とのドライブ旅行が始めて、あるいはまた愛犬とのドライブ旅行の経験が少ないんだけど、どこかおすすめの宿はない?」という質問を受けます。

そんなとき、ふたつ返事でわんわん答える宿の1軒が、春の桜祭りでも有名な伊豆河津の森の中にひっそりと建つ隠れ家的なアジアンリゾートを思わせるペットと泊まれる高級宿の老舗的存在と言える「四季の蔵」。

わが家が始めて訪れたのは2004年夏の開業から間もない2005年秋。まだマリアが生まれていない、わが家の先代ゴールデンレトリーバーのナナ先輩の時代。マリアが始めて訪れたのは2009年の冬。以来、7年間の間に4回も訪れているところ。

image003
四季の蔵本館

マリアの「いい宿」の基準は、細かい話は別にして、滞在してまたすぐにでも訪れたくなるかワン。結果、リピート回数の多い宿こそいい宿とも言えて、誰にでもお薦めできるというわけ。

「四季の蔵」はまさにそうで、今となっては決して新しい宿とは言えないものの、訪れるたびに新しい設備、施設が増え、2004年のオープンから12年を経てもコストダウンの影などまったく見当たらず、常に新鮮な感動をもたらしてくれるスタッフのサービス、ホスピタリティを含め極めて飼い主と犬にとって極めて満足度の高い1軒で、マリアを含めリピーターが圧倒的に多いのも頷けるというものワン。

現在、本館のほか、マリアもオープン直前に泊まった1500坪の敷地に1棟のスイートヴィラしかない「別邸COCORO」、贅沢な一軒家にタイ家具と和モダンをしつらえた居心地のいいスイートヴィラ「離れ家リスの庭」に加え、3棟目となるスイートヴィラ、異空間の大人の秘密基地、森の棲家「AZITO」をオープンさせたばかり。

image005
最新のスイートヴィラ「AZITO」

image007
「離れ家リスの庭」(オープン当時)

開業当時になかった設備としては2011年にできた貸し切りガーデンスパ「YUSORA」と「YUMORI」(現在自家源泉に)、クルマで移動する場所にある、夕食で選択できる本格割烹料理の「くらの坊」があります。

image009
自家源泉のカーデンスパYUSORA

image011
ガーデンスパYUMORI

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと (7.21)

  • ニュース

大切なペットのために仕事を休める? (7.21)

  • ニュース

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

  • ニュース

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・中編【わんこと行くクルマ旅】 (7.20)

  • ニュース

フローリングでケガをする犬が増加中! 愛犬のための床対策 (7.20)

  • ニュース

これ同じワンコ!?トリミングで劇的変化したワンコ11選 (7.20)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(8) (7.19)

  • ニュース

犬を太らせ過ぎると動物虐待か? (7.19)

もっと見る

注目のグッズ

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る