TOP>ニュース > 【わんこと行くクルマ旅】軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジ2016年夏・前編

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅】軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジ2016年夏・前編

PETomorrow(ペットゥモロー)】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

軽井沢プリンス 森のドッグヴィレッジ2016年夏・前編

“旅するラブラドールレトリーバー”、そして自称ペットと泊まれる宿評論犬!?のマリアが「犬にとって最高のリゾート地は?」と聞かれて、すぐにわんわん答えちゃうのが軽井沢。

image001

image003

そう、日本を代表する通年楽しめるリゾート地、日本最高峰のドッグフレンドリーなリゾート地の代表格が軽井沢。その軽井沢で北陸新幹線・軽井沢駅の駅前に広がる最高のロケーションを独占しているのが「軽井沢プリンスホテル イースト」。そしてその一角にある、愛犬と泊まれるコテージが「軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジ」わん。夏は避暑地。冬は敷地内に軽井沢プリンスホテルスキー場がオープンし、コテージから歩いて数分でゲレンデという好立地なんだ。

image007

「軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジ」は上信越道・碓氷軽井沢ICからおよそ12.5kmの距離にあり、2005年にオープン。これぞ軽井沢という緑あふれる清々しいエリアにコテージが点在し、犬のチェックイン場所でもあるドッグケアハウス、ドッグキャビン、小型犬と中・大型犬用に分かれたドッグパークを完備。この季節なら愛犬とテラス席でカフェや食事が楽しめる「レストラン ポルト」も営業しているよ。そしてプリンスホテルならではのサービス、ホスピタリティ、環境のよさはもちろん、お買い物好きなパパやママにとっては、軽井沢プリンスショッピングプラザまで歩いて行けるロケーション(同敷地内)がほかにはない大きなポイントなんだって。

image009

で、この夏、つい最近、軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジのコテージでもWi-Fiがつながるようになったと聞いて、さっそく行ってきました!

ところで、わが家にとって軽井沢は特別な場所。パパとママが付き合って始めてお泊まり旅行したのが、かつての晴山コテージ。今は軽井沢プリンスホテル ウエストの場所にあったコテージなんだって(現在はありません)。以来、5月のママのお誕生日と結婚記念日(同日です!)には軽井沢プリンスホテルのコテージを訪れ、犬を飼い始めてからはこの「軽井沢プリンス森のドッグヴィレッジ」に年に数回、秋や冬にもマリアたちを連れてきてくれるんだ。だからマリアはもうここがわが家の別荘のような場所。今では周辺の道案内もできるんだよ。

image011
パパもママもマリアもここのテラスが大好き。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ワンコの一芸。「待て」をするわんこに笑撃のラスト(笑) (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

国によって異なる犬の避妊去勢手術の考え方 (10.17)

  • ニュース

生まれたときから一緒!赤ちゃんとワンちゃんのほっこり生活 (10.17)

  • ニュース

モニター越しに見つめる黒い子犬【保護犬との出会い(1)】 (10.16)

  • ニュース

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • ニュース

犬は全部お見通し!?人間の感情、不公平さ、病気、嘘… (10.16)

  • ニュース

人の服を超えた…?高機能ドッグウェア「Winter Warm 31℃」 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る