TOP>ニュース > ペットにとって暮らしやすい家とは? 「日本ペットサミット」定例会レポート(後編)

  • ニュース

ペットにとって暮らしやすい家とは? 「日本ペットサミット」定例会レポート(後編)

PETomorrow(ペットゥモロー)】

さて、後半は「家庭動物との住環境を建築技術と住行動で考える」と題し、一級建築士であり、家庭動物住環境研究家である金巻とも子氏(かねまき・こくぼ空間工房)のお話となる。

DSC_2100+
「ペットにとっての住環境を考える時、飼い主である人間もその要素の1つです」金巻とも子氏/©Pmoon

犬や猫にとって暮らしやすい室内環境を考える

“ペットと暮らす”ということに視点を置いた住宅や建材、設備などが登場してから15年以上は経つ。国土交通省の健康維持増進住宅研究委員会では2008年の活動報告の中で、今後の課題として「ペットを飼うことが禁止されているストック住宅においても、共生ができるようになる技術開発が必要になる」としており、もはやペットと室内で暮らすことは社会的にも決して無視のできない状況となってきている。

様々な建材や設備が提案されてきたことで、さぞかしペットとの暮らしも快適になったことだろうと思いきや、「実は困ったことも多くて、それに対応するという形で建築系は進んできました。人は何かに困ると防水効果のある床とか、爪研ぎ対策とか、アイテムに頼ろうとするところがありますが、そういったものは一時的にはいいんです」

「しかし、根本的な問題が解決改善されたわけではありません。ペットと共に暮らすということは、動物の生理生体を知り、そのアニマルウェルフェアを考えるということが必要であって、これまでの対応ではその部分が抜け落ちており、十分に望ましい環境改善というところまではまだ至ってないと思います」と金巻氏は話す。

であるならば、これからが本格的にペットとの暮らしを考える時代になっていくということなのかもしれない。それでは、私たちができることは何なのか?

ペットと暮らす人は誰しも、「より快適に過ごしたい、過ごさせてあげたい」と思うことだろう。そこで振り返ってみていただきたい。ペットの目線になって家の中や室内を見回してみたことがあるだろうか? テーブルの下には電気コードがはっているかもしれない、必要以上に床に音が響いているかもしれない。それを整えれば、イタズラや吠えを軽減させることも不可能ではないのだ。

人間の子供と住環境の分野においては、「住宅設備が整っていなければ、せっかくの親のしつけや本人の心がけも十分に生かされない」(「すまう-住行動の心理学」中島義明・大野隆造/朝倉書店)と言われているそうで、金巻氏はペットにも似たようなことが言えるのではないかという。つまりは、そのペットに合った住環境を整えてあげることが、行動面のみならず心理面にも影響するということ。

ここで言う住環境というのは、なにも物理的なものに限らない。私たち家族である人間もそれに含まれる上、温熱環境・空間・光環境・音環境・空気質(埃や臭いなど)は快適な室内環境を整える大事な要素になり、これらのどれかが欠けると快適度が低下してきてしまう。特に、ペットに十分与えてあげたいのは、人環境の他に温熱環境・空間・光環境。

たとえば、家族が何かでイライラしている、乱雑な行動をとるというようなことがあれば、それがペットに影響することがある。金巻氏は、「人間を整える」ことも重要だという。ペットにとって飼い主(家族)は、いつでも優しく頼れる相手であって欲しいのだ。それがしいては、ペットの精神的な安定をも生む。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬を診断する新しい占い。星座別ワンコの性格診断 (10.17)

  • ニュース

ワンコの一芸。「待て」をするわんこに笑撃のラスト(笑) (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

国によって異なる犬の避妊去勢手術の考え方 (10.17)

  • ニュース

生まれたときから一緒!赤ちゃんとワンちゃんのほっこり生活 (10.17)

  • ニュース

モニター越しに見つめる黒い子犬【保護犬との出会い(1)】 (10.16)

  • ニュース

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • ニュース

犬は全部お見通し!?人間の感情、不公平さ、病気、嘘… (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る