TOP>ニュース > 【獣医師マンガ編集者の話】獣医学科に決めました!

  • ニュース

【獣医師マンガ編集者の話】獣医学科に決めました!

PETomorrow(ペットゥモロー)】

獣医師少女漫画編集者のゆるい話2

o01-2

皆様こんにちは。

前回はいよいよ大学2年になり、進学学部・学科を決める運命の時期を迎えたところまでお話しいたしました。実は私、今でこそ漫画の編集者をしていますが、高校生まではほとんど漫画を読まない生活を送っておりました。

唯一読んでいたのは歴史の学習漫画ぐらい。これが大学に入ってからはリミッターが外れた状態でまさに漫画の乱読状態。雑誌も含めて年に3~400冊は読んでいたと思います。おかげで実家はコミックカフェ状態。ちょっとした商売が出来そうです・・・。

1回目でお話ししたとおり当初は薬学部志望だったのですが、教養課程の講義を通してバイオや医学系の方向にも興味が出てきました。とはいっても体は一つ。どうしたらと思っていたところに出会ったのが、獣医師(もしくは獣医師を目指す人)なら一度は読む漫画(多分・・・)「動物のお医者さん」(*)(著:佐々木倫子)でした。

この作品、H大学の獣医学部に在籍する主人公の学園生活物語なのですが、獣医学部での生活がしっかり描かれており、この作品を通して獣医学が自分がやりたかった方向の学問をほぼほぼ網羅していることに気付かせてくれました。

まさか一作の漫画がきっかけになって進路が決定するなんて、今になって思えば人間の運命っておもしろいなぁと感じております。進学にあたって一番の懸念だった進振り(*)の点数も無事クリアし、入学時には全く考えていなかった獣医学への道へ進むことになったのです!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • ニュース

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • ニュース

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

  • ニュース

保護犬と受刑者を救う「プリズン・ドッグ・プログラム」【刑務所で活躍する動物たち】 (2.14)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る