TOP>ニュース > ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

  • ニュース

ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

PETomorrow(ペットゥモロー)】

_J0A1135

「うちの可愛いわんこ、にゃんこにもしものことがあったら・・・」

縁起でもないことだが、命あるものはいつか必ず死す。そのとき、「家族同様に葬りたい、できればいっしょのお墓で」と思っている人は少なくないだろう。ではどこへ行けば、それが実現できるのか。

IMG_0270-1

都内で調べてみると、「町田いずみ浄苑フォレストパーク」(町田市、経営主体・常照寺)という霊園でそれが可能だと分かった。しかも、ペットと一緒に眠れるお墓「ウィズペット」(2003年より)を国内で初めて提供した霊園だ。

最寄り駅の「京王相模原線・若葉台」で下車し、駅前ロータリーからバスに乗り込み、約6分ほどで現地に到着。敷地内に進んでいくと、陽当たりがよく、自然林に囲まれた緑の多い環境であることが目についた。また、横浜のランドマークタワーが一望できるなど、眺めのよい場所でもあった。

IMG_0272

IMG_0274

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る