TOP>ニュース > ペット目線で撮影できるカメラを愛犬に取り付けたら面白い写真が撮れた

  • ニュース

ペット目線で撮影できるカメラを愛犬に取り付けたら面白い写真が撮れた

PETomorrow(ペットゥモロー)】

春は、桜を見つつ犬とちょっと足をのばしてお出かけしたくなる気分。そんなときは、周りの景色を写真や動画を撮れば、お出かけがさらに楽しかったりする。ところで、もし人間の目線ではなく、ペットの目線で撮ってみたらどんな写真になるのだろうか。そんなチャレンジを今回はやってみた。

カメラが自分でシャッターをきる!

IMG_0562

使用するのは、その名も「ペットミタマンマカメラ」(サンコー販売)。32g、直径53mmという小型軽量タイプ。付属USBケーブルからの充電式で記録メディアはmicroSDカード。首輪に装着することで、ペットたちの目線で動画や写真を撮影できる。

IMG_0564

液晶画面を見ながら4つのボタン(電源、スタート、写真、動画)で設定。動画か静止画を選びスタートするわけだが、それだけではない。実はこれ、撮影する間隔の時間が設定可能なのだ。写真だと10秒〜99分から撮影間隔を選べる。たとえば、20秒を選ぶと、20秒経ったら撮影、20秒休んでまた撮影する。

動画もインターバルタイマー撮影機能で3分休んで、2分撮影を繰り返す。これによって1.5時間分、約45個のファイル、トータル約3時間45分を記録。さらに、間隔をもっと長くすれば、1日中自動撮影することも。

シュールな写真が撮れた!

IMG_0566

それでは論より証拠。JR中央線の吉祥寺駅(東京・武蔵野市)に筆者の愛犬、毎度おなじみチワワのシロー君(オス、8歳)に撮影ロケに協力してもらった。カメラを着けてみてちょっと驚いたのは、その違和感のなさだ。軽くて小さいので、チワワのような小型犬でも気にせずいつものようにお散歩できるのだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬種の性格や行動の違いって、遺伝子の影響? (1.21)

  • ニュース

シニア犬には元気なうちから「ワンツー」サインを覚えさせよう (1.20)

  • ニュース

ワンコって不思議!犬の謎行動のオモシロ画像21選! (1.20)

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」 (1.19)

  • ニュース

ちょんぴーという名前【ぼくと三本足のちょんぴー】 (1.18)

  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア (1.15)

  • ニュース

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ! (1.14)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る