TOP>ニュース > 自然の中でわんこと一緒にそばを堪能!東京「深大寺」【わんことおでかけ】

  • ニュース

自然の中でわんこと一緒にそばを堪能!東京「深大寺」【わんことおでかけ】

jd1 (3)2

日本三大だるま市のひとつ「元三大師大祭だるま市」が毎年3月に開かれることで有名な深大寺(東京・調布市)。境内の周りは、400年も前からとてもうまいと評判の「深大寺そば」を作り続ける名所でもある。現在20店舗以上のそば屋が軒を連ねるが、実はここはペットと休日を過ごすパラダイスともいうべき場所なのだ。

jd1 (18)2

京王新宿駅から急行で約20分、つつじヶ丘駅で下車し、バスに乗り換え、揺られること約15分で緑に囲まれた深大寺そば屋街に到着する。ちなみに筆者は地元民、自転車に乗って犬連れでやって来た。名前はシロー、オス(8才)、ロングコートチワワである。よろしく。

jd1 (4)2

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る