TOP>ニュース > ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

  • ニュース

ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

_J0A1135

「うちの可愛いわんこ、にゃんこにもしものことがあったら・・・」

縁起でもないことだが、命あるものはいつか必ず死す。そのとき、「家族同様に葬りたい、できればいっしょのお墓で」と思っている人は少なくないだろう。ではどこへ行けば、それが実現できるのか。

IMG_0270-1

都内で調べてみると、「町田いずみ浄苑フォレストパーク」(町田市、経営主体・常照寺)という霊園でそれが可能だと分かった。しかも、ペットと一緒に眠れるお墓「ウィズペット」(2003年より)を国内で初めて提供した霊園だ。

最寄り駅の「京王相模原線・若葉台」で下車し、駅前ロータリーからバスに乗り込み、約6分ほどで現地に到着。敷地内に進んでいくと、陽当たりがよく、自然林に囲まれた緑の多い環境であることが目についた。また、横浜のランドマークタワーが一望できるなど、眺めのよい場所でもあった。

IMG_0272

IMG_0274

IMG_0277

墓地は芝生が多く、それに合わせて洋風のお墓が多く見られた。その中で、よく見ると墓石の上に、犬猫のシルエットや写真、足跡などのデザイン、さらに犬猫の石像まで設置されたものもあった。そして、ひとつの区画にふたつの墓石があるものも。これは飼い主とペットそれぞれ別の墓石を設置しているためだ。これらが「ウィズペット」のお墓である。飼い主それぞれの想いを反映するかたちでつくられているようだ。

IMG_0281

なお、同霊園では「ウィズペット」だけでなく、ペットの共同墓地や個別墓地も併設されている。

IMG_0275

だが、こんな特別なお墓をつくったら、かなりの費用がかかるのではと心配になってしまった。そこで、同霊園で「ウィズペット」のお墓を建てている石材店、メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区)に聞いてみた。

「一般的なお墓と比べ特別高いということはありません」との回答。ちなみに費用総額は161万8000円(うち永代使用料91万8000円、税別)から。また、ひとつのお墓に対して、遺骨はスペースの範囲内で何体でも入れることができ、さらに、犬猫だけでなくペットならなんでもオッケー。中にはうさぎや小鳥のお骨を納めている人もいるそうだ。いろんなペットをたくさん飼っている人にはうれしいかぎりであろう。

ところで、そもそもどうしていち早くこのようなお墓づくりを同社が手掛けるようになったのか。

「ペットといっしょのお墓に入りたいという声の高まりがきっかけでした」

「屋外で飼えない住宅事情や獣医の室内飼い推奨などの影響で、ペットと飼い主の距離が縮まり、その結果家族としての情が深まったことが、そのような声が増えた大きな要因だと思います」

しかし、当初は簡単ではなかったという。

IMG_0271

「仏教上、ペットは供養の対象ではない」「人間のお墓の近くにペットのお墓があることへの違和感」といったハードルがあったという。そこで、最初は100区画からはじめ、少しずつ認知度を上げ、実績を重ねた結果、今「町田いずみ浄苑フォレストパーク」では「ウィズペット」の存在がふつうになってきたそうだ。

_J0A1135

_J0A1004

その後、そのような霊園は町田いずみ浄苑に留まらず、各地に拡大していった。ほか、「ウィズペット」が利用できるのは、奥多摩霊園(東京都西多摩郡)、八王子メモリアルパーク(東京都八王子市)、岩槻光輪浄苑(埼玉県さいたま市)、神戸山田霊苑(兵庫県神戸市)。人が葬られている霊園だから、ペットも安心して入れられる。それが、こうした霊園の信頼性なのであろう。

将来ペットといっしょに葬れる霊園はもしかしたら一般的になっていくのかも・・・。改めてペットは大事な家族の一員なのだと気づかされた。

◆メモリアルアートの大野屋「Withペット」
http://www.ohnoya-cemetery.com/search/cemetery_search_fea.php?fea=002

取材・文/羽石竜示

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

来年は戌年〜!PETomorrowでオリジナル年賀状をプレゼント中♪ (12.16)

  • ニュース

あ~あ、やっちゃた!クリスマスをエンジョイしすぎるワンコ・ニャンコ20選! (12.16)

  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (12.15)

  • ニュース

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • ニュース

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • ニュース

虐待を受けたワンコが出会った小さな親友 (12.14)

  • ニュース

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』 (12.14)

  • ニュース

人間が犬を繁殖した証拠、最古はシベリアか? (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る