TOP>ニュース > 【獣医師マンガ編集者の話】私が獣医を目指した理由

  • ニュース

【獣医師マンガ編集者の話】私が獣医を目指した理由

PETomorrow(ペットゥモロー)】

獣医師少女漫画編集者のゆるい話1

n01

皆様、初めまして。

小学館で「チーズ!」という少女漫画雑誌の編集者をしております中田と申します。PETomorrowのスタートにあわせて、会社の偉い方からとある理由で声をかけられ、スタッフとして参加することになりました。「とある理由」とは・・・実は私、獣医師免許を所持しているのです。

とは言っても卒業後小学館に入社してはや20年。すっかりペーパー獣医師となってしまいましたがそんな私がなぜ獣医師になったか、なぜ獣医師から少女漫画編集者になったかをゆるーく語っていければと思っております。

「獣医師免許」、この免許を取るためは獣医学科で6年間学んだ後、獣医師国家試験を受験してそれに合格することが必要です。獣医学科は日本で国公私立大20校弱に存在します。獣医学科は獣医学部として独立した学部があったり、農学部等の中にあったり大学によってまちまちです。私の卒業した東京大学では農学部にカテゴライズされておりました。

実は大学に入る前(というより大学2年の春まで)は獣医学科への進学はほとんど頭の中にありませんでした。

小さい頃から犬派の家庭だったので常に身近に犬がいたことはもしかすると獣医学科に進んだ遠い要因になっているかもしれません。飼った犬は小型犬ではなく中型犬派。小学校の頃から柴犬→柴犬→ゴールデンレトリバー系の雑種→柴犬と飼い続けておりました。

さて大学は理・農・薬学系の理科2類という類に入学。当初は薬学部志望でした。(高2までは工学系志望でした・・・風見鶏のようです・・・)理系は文系に比べ必須科目が多い&カリキュラムに実験があることでなかなか多忙です。

ただその間をぬってバイトにも精を出しましたので多少自由になるお金もあり・・・その使い道が主に漫画だったのです。この漫画との出会いが私をカオスな進路へと向かわせることになります。いつの間にか大学2年を迎え進路決定までわずかとなっておりました。

◎「チーズ!」
20代前後対象の小学館の少女漫画雑誌。「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「5時から9時まで」「37.5℃の涙」等の人気作連載中。http://cheese.shogakukan.co.jp/

◎東京大学農学部獣医学科 
東京都文京区の東京大学弥生キャンパスに存在。敷地内にVMC(ベテリナリーメディカルセンタ-:動物医療センター)を擁しています。医療センターはかかりつけ獣医師様からの紹介のみ初診受付となっています。

 

pet01-1

文/中田健一

専門的なことはお答えできませんが何かゆるーくご質問・ご意見ありましたらPETomorrow編集部中田まで!このコラムでお答えできるかもしれません。

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ゴミ山の横にいたゴールデン・レトリーバー【保護犬と暮らす】 (8.23)

  • ニュース

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット (8.23)

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・フィット (8.23)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、「会社を休んだ人」は約10% (8.23)

  • ニュース

自分のペットがハンカチの中でかくれんぼ!オーダーメイドのフォトハンカチ (8.22)

  • ニュース

機能性に大満足! オシャレなフードボウル (8.22)

  • ニュース

「ペットとの別れ」と向き合う。フランセス・メモリアルのペット慰霊祭 (8.22)

  • ニュース

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (8.21)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る