TOP>ニュース > ペットもペットオーナーも楽しめる「Pet博2016 横浜会場」に行ってきた

  • ニュース

ペットもペットオーナーも楽しめる「Pet博2016 横浜会場」に行ってきた

IMG_0003-1

1月9日(土)〜11日(月)の三連休、パシフィコ横浜で国内最大級のペットの総合見本市「Pet博2016 横浜会場」が開催された。

「Pet博」は、1994年に大阪でスタートし、2000年からは「ペットは家族の一員」をコンセプトに、日本で初めてペット同伴の入場を可能にしたイベント。今回の横浜会場のほかに、幕張会場、なごや会場、大阪会場の4箇所で開催されている。

IMG_0005-1

会場には、多くの企業ブースが出展されており、ペットフードからペットのおもちゃ、ウェア、ペット仏具などがメーカー直販のお手頃価格で誰でも購入できるようになっている。

IMG_0034IMG_0037-1

中には、ドッグブランドプロデューサー・垣内りかさんのブランド「ボンボンコピーヌ」のブースやドッグファッションデザイナー・大原かおりさんのブランド「オッティ」のブースなども出展されており、多くの来場者で賑わいを見せていた。

IMG_0007IMG_0025IMG_0027-1

また、来場者参加型の催し物が多数用意されているのもこのイベントの特徴。愛犬と一緒に「だるまさんが転んだ」を行ない1位を競うゲーム大会や垣内りかさんによる保護犬活動のためのチャリティーオークション大会、大原かおりさんによるじゃんけんプレゼント大会などが行なわれた。

shutten02

次回の「Pet博2016」は、5月3〜5日の幕張会場を予定。皆さんもペットと一緒に足を運んでみてはいかが?

IMG_0009

IMG_0013
中には猫グッズのブースもあり。こちらの「キャットプリン」ブースでは、クオリティーの高い猫のコスプレ衣装を販売していた。小型犬でも着用可能だという。

IMG_0018
ベトナムの天然素材「カンエンガヤツリ」で手作りされたペットハウスも販売。「カンエンガヤツリ」は少しの農薬が入っただけでも枯れてしまう性質があるとのことで、信頼できる天然素材とのこと。さらにはダニや害虫などがつきにくいため、ペットベッドに最適だという。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

  • ニュース

犬がプイと目をそらす時、何を考えてるの? (10.12)

  • ニュース

赤い糸は存在する?「双子の子かもしれない!」里親がみつかった保護犬ビースト (10.11)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る