TOP>ニュース > 富山県で見つけた黒猫と過ごせる癒しの空間「nolla cafe」

  • ニュース

富山県で見つけた黒猫と過ごせる癒しの空間「nolla cafe」

富山県富山市に、「nolla cafe」という店がある。大好きな猫と過ごす癒しの空間。しかしいわゆる“猫カフェ”とは、どうも様子が異なるようだ。

PA310128

「nolla cafe」は築50年という古民家を改装したお店。猫を模したしっぽの生えた看板が、遠くからお店の場所を教えてくれた。のら猫がよく寝そべる塀の上。そこに看板があるだけで、猫好きとしては嬉しくなってしまう。

PA310131

入り口は、なんだか不思議な雰囲気を漂わせていた。白い壁に青い看板。そして緑のアーチは、なんとなくレトロである。一見すればなんの変哲もない扉だが、「この扉の先に、どんな世界が待っているのか」とワクワクさせられる。それでは、さっそく中に入ってみよう。

出迎えてくれる2匹の猫たち

PA310132

店内に足を踏み入れると、見事な“くつ下”の『ゴルゴ君』(4歳)が迎えてくれた。ちょっと恥ずかしがりやで、こちらの様子を伺いつつあちこち歩きまわる。フワフワの毛並みと、長いヒゲも特徴的だ。

PA310158

そしてもう一匹、人懐っこく寄ってくるのが『八君』(5歳)である。艷やかか&スレンダーな猫で、とってもアクティブだった。

PA310135

気づけばテーブルの上にいる八君。しかし、決して食事の邪魔をすることはない。

PA310143

近づきすぎることなく、常にいい具合の距離を保っている2匹。仲が良いのか悪いのか?と言われれば、きっと仲良しなのだろう。2匹とも、お互いを気にしあっているようにも見える。実は2匹とも、もとは野良猫だった。だからこそ、何か通じ合うものがあるのかもしれない。

猫たちに対する配慮が感じられる

「お客さまは神さまだ」なんて良く言われるが、このカフェでは猫たちこそ主役なのかもしれない。店内を見回すと、ゴルゴ&八への配慮が感じられるのだ。

PA310166

こちらは、店内に置かれた猫用ベッド。残念ながら眠っている姿は見られなかったものの、もとは座席だった場所がベッドスペースになっていた。お店の方が言うには、近くの電気の発する熱が温かく、よくここで寝ていたとのこと。

PA310141

ベッド上に貼られた紙には、眠っている猫たちへ配慮を促す注意書きが。確かに、中には眠っている猫を撫でるなど、無理やり起こしてしまう人がいそうだ。「眠いときは、ぐっすり寝てね」という、そんな優しさを感じる一文である。

PA310162

また、キッチンカウンター部の黒板にはこちらのメッセージも。ついつい会話が盛り上がって声が大きくなってしまう光景は、カフェならよく目にするだろう。突然大声で笑い出せば、猫だけでなく人間だってビックリしてしまう。

店内ではゆったりとした音楽が流れていたが、その雰囲気に合わせるよう、お客さんも静かなひとときを過ごしている様子だった。「どんどん触って!戯れて!」という印象のいわゆる“猫カフェ”とは、全く異なるコンセプトではないだろうか。

至るところに置かれた猫グッズ

店で見られる猫は、ゴルゴ&八だけではない。店内を見て回ると、至るところにさまざまな猫グッズが置かれていた。ここで、いくつか取り上げておこう。

PA310142

店内奥の柱に掛けられた時計。

PA310167

「このテーブルは修理中です」というメッセージが、風で飛ばないように抑える重りの小物。

PA310170

レジでお金を置くトレイなども、さりげなく猫型。

PA310200

店内では、猫関連の本も読むことができる。

PA310198

お店の猫と言えば…ちゃんと“招き猫”もあった。ゴルゴ&八と同じ黒猫だ。

ふらりと訪れたくなる暖かな空間

2匹の猫たち、そして数々の猫グッズだけでも十分だが、「nolla cafe」はむしろ私たちが野良猫のようにふらりと訪れたくなる、そんな暖かな空間だった。

PA310165

茶色と白色をメインとした店内。木造のテーブルや椅子は、とても暖かみがある。

PA310169

お客さんがゆったりくつろげるよう、自由に使えるブランケットが提供されていた。

PA310195

八もお気に入りのストーブは、11月でもすでに使われていた。

PA310201

本を読みながらゆっくりカフェタイムを楽しめる、1人でも過ごしやすい空間。

猫好きではなくても、この雰囲気だけでお気に入りになってしまう人は多いはず。寒い時期、ストーブ前の席に座っていたら、ついうたた寝してしまいそうである。

素材を活かしたヴィーガンメニュー

PA310146

「nolla cafe」で提供されている食事は、純菜食者向けのヴィーガンメニュー。店主はあまり肉料理が好きではないそうで、自然とヴィーガンメニューを提供することになったという。

PA310160

カウンターの黒板に書かれていたメニュー。今回は、ランチのカレーを頂いた。

PA310147

なかなか辛さの強いカレー。いわゆるカレーと見た目は異なるが、とても美味しい。この日は寒かったので、カレーで内側から温まった。

PA310152

ダールスープにはお豆がいっぱい!優しい味付けで、カレーとの相性も抜群。思ったより満腹感があり、非常に美味しかった。ちなみに、野菜は地元・富山県産のものを使っているそうだ。

PA310204

食事を終えてお店の方に話を伺っていると、すかさず膝の上に乗ってくつろぐ八。やっぱり、いつも一緒にいる家族の傍が落ち着くのだろうか。私が撫でても見せることのないような、安らぎの表情である。

PA310191

そして帰り、扉前の階段で見送ってくれたゴルゴ。じっとこちらを見つめていたが、「また来いよ」と言ってくれていたら嬉しい。

PA310121

「nolla cafe」は南富山駅から徒歩10〜15分。富山駅から富山地鉄上滝線、電鉄富山駅から地鉄富山軌道線、あるいは富山駅前からバスで行くことができる。せっかくなので路面電車の地鉄富山軌道線がおすすめだが、一番アクセスしやすい方法を利用しよう。車も、3台分の駐車スペースが店前に設けられていた。

富山を訪れた際には、是非とも「nolla cafe」へ足を運んでみてはいかがだろう。静かで落ち着いた雰囲気の中、猫たちと共有する時間は、きっと癒しとなるはずだ。

<nolla cafe>
http://nollacafe.catfood.jp/

取材・文/三河 賢文

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【犬猫ギモン】犬と猫は仲良しになれる? (9.20)

  • ニュース

「りんご猫」って知ってる?保護猫カフェ「ネコリパブリック中野店」の取り組み (9.19)

  • ニュース

二大スター犬が初共演!映画『僕のワンダフル・ライフ』のテレビCMが公開 (9.19)

  • ニュース

バスルームに魔法をかけて。LUSHでハロウィンアイテムを限定発売 (9.19)

  • ニュース

【看板猫探訪 ブルーバッファロー特別編】人気看板猫がこだわるのは健康的な食生活 (9.19)

[PR]
  • ニュース

猫が食べやすい高さのフードボウルを手作り!【ペットグッズDIY】 (9.18)

  • ニュース

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム (9.18)

  • ニュース

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る