TOP>ニュース > 猫を探すスペシャリスト「猫探偵」を知ってる?

  • ニュース

猫を探すスペシャリスト「猫探偵」を知ってる?

猫を探すスペシャリスト「猫探偵」を知ってる?

どうしても自分で動けないし、近くに捜索を頼めるような人もいない…。そんな場合はペット探偵に依頼する、という方法もあります。プロに頼むメリットはどんなところにあるのでしょうか。創業33年、5万件以上の捜索実績があり、発見率90%以上(捜索期間内に直接発見される割合は約5割)という「ペットリサーチセンター」さんにお話をうかがいました。

メリット1…経験豊かなスタッフが捜索してくれる

 

「うちの猫のことがわかるのは私だけ、他人に探せるはずがない」と思う方も多いかもしれません。でも、室内飼いの猫が外に出た場合の行動は、飼い主でも予測がつきにくいもの。まして脱走は、多くの飼い主にとっておそらく初めての経験。あせりや不安から、冷静な対策を立てられなくなり、大事なチャンスを逃してしまいがち。捜索経験豊かなスタッフなら、外に逃げた飼い猫がどんな行動をとるかを熟知しているので、より効率的・効果的な捜索方法がとれるともいえます。

「ペットリサーチセンター」さんでは、最初に40項目の質問に答える「調査書」を作成します。「そんな時間があったら、1秒でも早く捜索して欲しい」と思いそうですが、さまざまな条を分析して過去に見つかった経験に照らして捜索したほうが、結果的に早期発見につながりやすいそうです。例えば「夏場は気温が上昇する時間帯は姿を現さないので、夜間に行った方が効率良く、冬場は時間帯が反対になる場合がある」など、動物行動学を理解していないとなかなか発見しにくいとのこと。

また社員はすべて、動物取扱責任者の資格所有者。会社でも猫30匹、犬5匹を飼育していて、同種の猫について熟知しているとのこと。捜索には、同種の猫を飼っている人か、同種の猫の捜索経験のある人が担当するそうです。確かに猫も、茶トラかキジトラかで、性格も行動も大きく違います。同じ種類の猫を飼っている捜査員なら、ツーカーでわかってくれそう。

メリット2…特殊なツールを使って捜索してくれる

 

出没しそうな場所が特定できても、なかなかズバリの時間に出会えない時は、捕獲器があると便利。捕獲器は「公益社団法人日本動物福祉協会」で借りることができますし(会員登録が必要)、地域の保護団体でも貸し出してもらえる場合もあります。でも近くに無い場合、取りに行くだけで時間をロスしそうですし、使い方も不安…。その点、プロなら捕獲器など多彩な捜索ツールを使えるのもメリット。「ペットリサーチセンター」さんでは対象の猫が現れそうな場所に24時間監視カメラを置いて、猫に警戒心を与えないように注意しながら見張ることもあるそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫にブラッシングするメリットとは? (9.21)

  • ニュース

恋に失敗した時のあなたは…?【猫と心理テスト】 (9.21)

  • ニュース

ペット用トイレ「デオトイレ 快適ワイド」を3ヶ月試してみた。 (9.21)

  • ニュース

駄菓子『コリス フエラムネはピィピィピィ~なのッ』【ねこの写真で4コマ漫画】 (9.21)

  • ニュース

我ら猫族が十二支のメンバーに選ばれなかった理由 (9.20)

  • ニュース

破壊行為、爪研ぎ…いたずら猫に、カッと怒っては絶対ダメ。 (9.20)

  • ニュース

イッテQのお祭り男ってオモシロイわよねッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (9.20)

  • ニュース

リアルな猫の姿に圧倒、そして涙『俺、つしま』 (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る