TOP>ニュース > もしも愛猫が脱走したら…? 猫の捜索に役立つ『ねこもに』

  • ニュース

もしも愛猫が脱走したら…? 猫の捜索に役立つ『ねこもに』

もしも愛猫が脱走したら…? 猫の捜索に役立つ便利アイテム

Twitterでよく見かける、脱走したペットの情報提供希望。見るたびに、「もしうちの子が脱走したらどうしよう」と不安でいっぱいになってしまいますよね。

ある地域猫保護団体の方から脱走した時の対策をうかがったのですが、「猫の捜索はなによりも初動が肝心。夜中でも早朝でも、逃げ出したことに気づいたらすぐに行動することが大切」だとのこと。理由は、飼い猫が外に出た時にノラ猫と出会うと、テリトリー争いが起こってどんどん離れた場所に追いやられることが多いこと、また時間がたつほど空腹のためご飯を求めて移動するので、さらに戻れなくなる確率が高くなるからだそうです。

もちろん、すべてを後回しにし、24時間フルに使って探したいのはやまやま。でもそうはできないこともありえます。たまたま仕事が忙しく、定時に帰ったり休んだりすることが許されない立場の人もいるでしょう。また怪我をしていて動けない時だったり、インフルエンザ、麻疹など外に出るのを禁じられている場合もあります。家庭内に小さな子供や病人がいたら、急に預けることは難しいですよね。どんなに心配でも、外を探し回ることはできない。そんな時はどうしたらいいのか、いくつかの方法を調べてみました。

事前にできる準備としてお薦めなのが、2017年6月に株式会社オープンストリームがスタートさせた“ねこさがしIoTサービス”「ねこもに」。手持ちのiPhoneに専用アプリ(無料)をインストールし、飼い猫の首輪に小型の発信機(実勢価格6900円)を付けてペアリングするだけでOK。Bluetoothの電波強度を手掛かりにアルゴリズムを解析し、飼い猫のいる場所をある程度、特定できるんです。

「ねこもに発信機」(オープンプライス/参考価格6900円)。通信有効距離は最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)。内蔵電池は約1年間の長寿命なので、1年間はメンテナンスフリー。

「ねこもに発信機ケース」(参考価格1200円)は4デザインあります。


「ねこもに発信機」をケースに入れて装着した例。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

D子さん(追いつめられて)【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.17)

  • ニュース

犬と猫、運動神経がいいのはどちら…? (7.16)

  • ニュース

猫は「母を探して三千里」の旅に出る? (7.16)

  • ニュース

D子さん【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.16)

  • ニュース

猫は病気を隠す習性がある…? (7.15)

  • ニュース

フォトボムで笑わせてくれるワンコ・ニャンコ21選! (7.15)

  • ニュース

ブレイクダンス【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.15)

  • ニュース

短足が愛くるしい!今更だけど、マンチカンってどんな猫? (7.14)

もっと見る

注目のグッズ

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る